ブログトップ
群馬高崎雷舞フェスティバルに参加して・・・の一考察
まずは祭り関係者、チーム関係者のみなさんのこの間のご苦労に対して心から敬意を送ります。

我が関西京都今村組は金曜深夜25時発、高崎朝着、一日中踊りその晩泊まりで、日曜バスで8時間かけて日曜夜に京都に帰り着きました。
メンバーの若いみんなも「すっげいしんどい・・・」とのたまっておりますが、50才を目前にしたわたくしにとっては、今日の本業は死にそうな勢いでしんどいです。。。
なんか頭くらくらする。。。。。






ん??くらくら・・・・・・

蔵っこだ!!

その祭りに参加していた「蔵っこ」って言うチームがあったんですがこれがなかなかいい!!
案の定、グランプリを勝ち取った!!

このチームかうちの高崎支部の襲雷舞踊団のどちらかが優勝かなと密かに思ってましたから、「なるほどなあ」と思いましたが、襲雷舞踊団の4位やったかな、5位やったかなには少し納得いきませんでしたけど・・・(まあ、襲雷舞踊団がうちの支部でもあるし、祭りのホストチームみたいでもあるから、祭り的にはグランプリとかとらへんほうがいいなとは思ってましたが・・・)

話を戻してとっ!
その「蔵っこ」と言うチームほんまなかなかいいです。
関東特有の衣装とか雰囲気はあるんですが(たぶんこれ関東の人にはわからんでしょうが。。。)
又そこの子がとっても気持ちよくて愛想の良い子ばっかでこれも好印象。
なんかちまたの噂によるとうち(今村組)の支部になりたい!!って言ってくれてるとか。。。もちろん大歓迎です。

全てのチームを見たわけではないですが、まあ見た限りでは正直「没個性」的なチームも多かったね。これはここだけの特徴じゃあないけど、もっともっと指導者は研究する努力が必要かな
っと思った。

そういう意味じゃあ襲雷舞踊団おもろい!
ぬんちゃくとか、あの一種ええかっこしい的な衣装や踊りは関西ではあり得ない事だ。
リーダーのマツムラの好みと思うけど個性で言えばかなり個性的だと思う。
踊りももう一工夫すればかなり個性的だと思うな。
→マツムラ言うとくけど褒めてんねんで!

祭りのフィナーレの部分では祭りが終わってから行われるはずの交流会が当日急遽今村組ライブ直後に繰り上げられた。

本当は
「5チームによるファイナルコンテスト→今村組ゲスト演舞→審査発表→総踊り→閉会→交流会」のはずが今村組ゲスト演舞直後に交流会が繰り上がったのだ。
こんな馬鹿馬鹿しい当日の変更は見た事も聞いた事もない。

そこにいたお客さはもちろん、チームの子達もこの時間は何の時間??的な状態になって結局交流会的なものにはならなかった。
この地は色々外圧が多いと聞く。
実行委員長のY氏の苦悩を思うと切なくなるが、いつかどこかでこのあほな奴らの外圧を立ちきって真にみんなが喜ぶ祭りを創り上げたいものだ。
そのためには俺は力を貸すぜ!!

高崎はパスタの街・・・・・
うまいパスタを来年は食いたい!!
[PR]
by e-than-kki | 2005-10-03 14:55 | よさこい・祭り