ブログトップ
貴女へ
この曲の歌詞を精いっぱいの想いを込めて貴女へ贈ります。

=明日をだきしめて=             詩・曲:今村克彦

あの日君は傷ついて涙にぬれて
通り過ぎる悲しみにふるえていたよね
「つらいだけの青春はもういやなの・・」と
青い瞳のその奥に涙うかべて

君と同じ時代を 共に生きられたなら
君のその瞳はどんな色でしょう
君の夢、君の愛、君だけの明日を
抱きしめて守りたい
君と同じ時を見つめて


いつか君がはしゃいでたこの町にも
いくたびかの季節だけが流れ続けて
今は君のそばには もういてやれないけど
君の笑顔だけは今も輝いて

君はずっとどんな時でも笑顔で笑っているけど
時々ひどく寂しい目をして遠くを見てるよね
「私のことなんて後回しでいいのよ」なんて
いいんだよそんなにやせ我慢をしなくてもいいんだよ
ずっと私の事見つめていてね
ずっと私のそば離れないで

同じ時、同じ場所、同じ明日を見つめて
愛したい、守りたい、君の笑顔だけは
たとえ遠く離れてもどんな時がすぎても
君はずっと輝けるさ ずっとそばにいるから




どうしようもない時・・・
俺はいますから・・・
[PR]
by e-than-kki | 2010-11-07 11:46 | 生き方