ブログトップ
久しぶりです!
忙しい毎日を送っている中で一番大事な地方今村組に行ってやる時間がなかなかとれないのが自分の一番の悩みです。

8月もそれこそ自分の体調管理のためにもお盆に2日間休みをとりましたが、それ以外は休みなしの状態。。。

今回は特に「東北」の事に取り組んでいるため、忙しさは更に加速されている。
でも「東北」の事は何をおいても進めていくつもりである。
それは地方今村組に存在する400人のメンバーに対するメッセージでもあるからだ。
人としてどう生きるのか、人はどうあるべきか、今我々は何をなさなければならないのか、今回の「東北」への取り組みは、私の一番大事な400人のメンバーへの私が示せる最大で最高のメッセージであるからだ。

8月後半、東北の取り組みも少し落ち着いて、今後の展開も見え始めた。
最近、何とか地方回りが出来はじめている。

八日市、鈴鹿の特別練習。
八日市、伊賀のイベント参加。

そして昨日は寝屋川今村組の練習に参加した。
(なんと寝屋川に行ってやったのは3月の新人メンバー歓迎会以来だから5ヶ月ぶりになる。)
地方今村組としては一番古く、今までの今村組活動を大車輪で牽引してきた寝屋川今村組。
しかしここ最近はそれこそSクラス、Aクラスメンバーを大量にかかえ、メンバー数も50名前後の鈴鹿今村組のその座を奪われつつある。
寝屋川はまさきキャプテンを中心にSクラス、Aクラスのメンバーも10人前後いる30数名のチームだが、昨年、一昨年のベテランメンバーの退団でメンバーの大半は新人やちびちゃん達になり、マサキの話しからもかなりレベルが落ちていると聞いていたので心配で出かけてみた。


踊る曲は「龍瞳(らいどう)」
昨年からの作品だ。

踊りを見た感想・・・・・・



やはりマサキが言ったとおり・・・・














ではなかった!!!!!

確実に踊りのスキルは落ちているかもしれないが大阪寝屋川今村組龍神会の踊りは健在だった!!


センターのマサキ。

「マサキ、センターはじゅりに代われ!」
「やっぱり!?(笑)先生が来たらそう言うと思ってた!」と笑顔で交代するマサキを見て個人の利益や感情を越えたところで動いているマサキが頼もしかった。
この日の昼もマサキは女隊(中心に踊るセンター隊)の連携を深めるために自らたこやきパーティーを開催したという。

まさき15歳、高1。
あの今村組ドンの綾ねえが自らの後継者に選んだ子である。


「先生、来週もちょっとでいいからきてや!」
「なんでや?」
「もう一回だけ(センター行けるか)見て!」

キャプテンとしてチーム的な観点で冷静に身ながら自らの意欲、意地も捨てないマサキに今村組の神髄をみたような気がした。


9月3日(土)
滋賀県浅井町と行われる「あっぱれ浅井祭り」
ブロックからファイナリスト5チームが選出される(合計2ブロック10チームファイナル進出)

寝屋川龍神会は古豪の意地をかけ、同じブロックである新鋭でグループ最強の鈴鹿今村組とここ一発の奇跡の舞を舞う滋賀高島今村組にぶつかる。
しかし相手は同族グループだけではなく、同じブロックには昨年の覇者ピンクチャイルドや滋賀の有力チームが多数存在している。

(またもう一つのブロックでは八日市今村組と岐阜今村組がぶつかる。)

「先生、いくらなんでも同じブロックから今村組が3つ(ファイナルに)上がることはないやろなあ・・・うちが一番やばいな。でも悔しいけどこのメンバー(新人が多く負けることの悔しさを市ならいメンバー)でたまたま『勝つ』よりホンマにこれからの寝屋川の事考えたら『負けた』ほうがいいと思ってんねん。」
と悲しそうに笑っているマサキを見て、私はグループ総代表としての立場を越えて勝たせてやりたいと思った。


今村組5グループの意地とプライドをかけた頂上決戦「あっぱれ浅井祭り」は9月3日湖北浅井町で行われる。

e0048932_994537.jpg

練習終了後まさきと寝屋川最年少4歳のあまきと。


PS:→まさきフリークの山清一郎と純子姉!ここはマサキへの応援コメント必要やろ!頼むで!
[PR]
by e-than-kki | 2011-08-24 09:11 | 今村組