ブログトップ
もう一つの東北・・・東紀州欣求浄土
今晩、今村組共の会チーム「東紀州踊走会」のある若い女性から電話がかかってきた。

先日24日に宮城県沖でおこった海難事故にその子のおじさんが乗っていたらしい。

宮城県沖の太平洋で24日未明、三重県のカツオ漁船「堀栄丸」が貨物船と衝突し沈没した事故で、海上保安庁の巡視船が27日、海面に油が浮き出ているのを見つけた。第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)によると、堀栄丸の油の可能性が高いという。付近を中心に巡視船が行方不明者13人の捜索に当たっている。
 2管本部によると、油が見つかったのは衝突現場から東北東約8キロの海域。水深約5400メートルで、海保の特殊救難隊も潜ることができないため、海中に船が沈んでいるか確認するのは難しいという。 


そのおじさんはまだ見つかっていないという。
彼女は泣きながら「なんで先生に電話したのか・・・何を聞いてほしいのか・・・何を話したいのか、わからないけど、先生に電話した・・・」と。
またこうも言っていた。
「先生、東北にいっているでしょ。おじさんも気仙沼から出て行ってるんです。地元でゆっくりしたらいいのに、『早く東北に戻ってあげないと』・・・と言って帰っていっての事故なんです・・・」

私は彼女に何も言ってやれなかった。
私が何かを言うとそれは全てうそになる、そう思った。

ただ最後にこう言ってあげた。

~大丈夫、心配ない、って言うと嘘になる。でもきっと奇跡はあるから!
紀州の男は「昔、鯨に挑んだ漢(おとこ)なんだから」~と。

奉華(まつりばな)東紀州欣求浄土

紀州箱根の荷坂越え
桜にけむるかみがわよ。
男仁木島、九鬼魂。
心の旅路石畳
負けてなるかと紀州人
昔、鯨に挑んだ漢(おとこ)



もう一つの東北。
きっと奇跡を祈る。
[PR]
by e-than-kki | 2012-09-27 22:22 | 生き方