ブログトップ
皇国の興廃ここにあり・・・もじって「高校の荒廃ここにあり」
今村組には400弱のメンバーがいる。
その中に高校生はどれくらいいるのかはっきりは分からないが3割100人程度はいるものと思う。
厳密に言うと高校生年齢の子である。
学校に行っていない子もいるからだ。

9月、私が教師をやり出した頃、先輩から9月の夏休み明けと大きな行事をやり遂げた後が子ども達にとって一番危ない(問題行動を起こす)時期だと教えられてきた。

しかしここ何年間かその傾向がかなり薄れてきていると感じていたが、今年の今村組の9月はそれこそ本当にもう爆発、爆裂状態だった。
それは今村組内でどうこうではなく、学校生活における問題や悩みが爆裂した。

そんなこんなで私の9月はもうほとんど寝食を忘れなければならないほどの多忙を極めた。

しかしなぜ今年はこんなに問題が多いんだ??と思っていたがその一因とも思える事が私の中ではっきりとしてきた。


「皇国の興廃ここにあり」は東郷平八郎がバルチック艦隊を破った時の言葉だが、
私は最近「高校の荒廃ここにあり」と思う。




この間メンバーである高校生やその親から聞いた信じられない高校の現実を連ねてみる。

1,遅刻
どんな理由であれ、たとえ本当に体調が悪く保護者が連絡して病院に行っても遅刻すると反省文を書かされる高校。(その反省文の中に「これからどののようにしていきますか?」という項目もあるらしい・・・本当に体調不良でおなかが痛かった時その子は「出来るだけがまんします」と書いたらしい。

同様の高校は数限りなくあり、遅刻一回で百人一首20首書かせる高校、1分でも遅れたらその時間の単位は認めない高校、1分でも遅れたら別室授業(別室授業と言ってもテキストを与えて放置プレイ)などなど遅刻に関する罰則。

2,服装
・毛染めしてきた子(毛染めがいいか悪いかの問題は別に)はすぐに学校で黒に染め直され、その代金を請求する学校
・女子がおしゃれなブラジャーやパンツを着用してきたら(これも是非は別として)すぐに学校に常備している白のブラジャーやパンツに履き替えさせる学校。。。(スカートの中のぞくんですかね・・・)
・ピアスをしてきて学校で教師にとがめられ「とれ!」「とらない!」の中で耳たぶが裂けた子。

などなど服装に関しても色々ある。

3,いじめ問題
こんなに世の中が騒いでいるのに数日前に相談に来た親子からこんな話を聞いた。
明(仮名)から聞き取りをした結果、殴る、蹴るを数ヶ月もそれも複数の子から繰り返されているとのこと、これおは明らかに「いじめ」であり「暴力」であり「傷害、暴行」である。

先日ある行事で明がいじめをしている子の一人から馬乗りになって暴力を受けている場面に教師が出くわしたらしい。

明は勇気を出して「今日だけではなくずっと暴力を受けている。それも○○と○○と○○と○○から!」と訴えたらしい。
その晩担任から電話がかかってきて「周りの子に聞いたら、態度が悪いとか明も悪いところがあるんです。これがいじめでもこれから見えないところでやられたら守り切れません。」と・・・

馬鹿か!ホンマに馬鹿か!!

私は明に「心配するな!何があっても俺が守りきったる!」というと明が目を真っ赤にしてうないていた。



今、子ども達はこんな世界で生きている。
全ての高校がそうだとは言えないが、子ども達はこんな世界で歯を食いしばって生きている。

私たち大人は何を考え、何をしていかなければならないのか、考えさせられた9月だった。
[PR]
by e-than-kki | 2012-10-04 08:22 | 教育