ブログトップ
札幌YOSAKOIソーラン祭り
いよいよ2013年の札幌YOSAKOIソーラン祭りまであと残すところわずかになってきた。

この間4月から毎週末メンバー100名あまりと練習を重ねてきて、すでに「沖縄の人か?」と思われるくらい真っ黒に日焼けしている。

札幌YOSAKOIソーラン祭り参加の8日(土)9日(日)に先だち毎年前日の夜に夕張市でチャリティーライブを行っている。

ご存じのように夕張は財政破綻した(いや、させられた)町。
20万人いた市民が今や2万人を割り込んで高齢者の人たちがその大部分を占めている。

7年前、夕張がマスコミに取り上げられた年、それこそ芸能人はこぞって夕張詣でをしたが、翌年にはもう忘れ去られていた。

私が兄のように慕う故川島英五氏が言っていた。
「日本はボランティアもチャリティーもブームにしよる。だからわしは最低10年は阪神大震災のチャリティーライブをやるんや!」と。


私も夕張の人たちに「最低10年は来るから!」と宣言して今年で6年目、6回目の夕張ライブを迎える。

マスコミに取り上げられるわけでもない、誰かに賞賛されるわけではない。
でも夕張の人は「今年も今村組が来てくれるのか。。。今村組と組長が来たら夕張にも夏がくるんですよ。」と言ってくれる。

同じような言葉を今年2月南三陸であるおじいさんにかけられた。
「先生、雪がとけると何になります?雪が解けると『春』になるんです。でも東北の本当の春はいつくるんでしょうねぇ。。。」



その言葉から生まれた今年の作品「春祷(うずき)」。

東北の本当の春を願い、夕張の夏への想いを背負い、私たち関西京都今村組は7日後、北の大地へと飛び立つ。


見とけよ札幌!
待っとけよ札幌!!
[PR]
by e-than-kki | 2013-05-30 17:58 | 生き方