ブログトップ
ビラ配り。。。
きのう、夕方5時から7時まで、この冬一番の寒さの中、奈良市の4駅でメンバーが手分けしてビラ配りをした。

5分も立っていると手の感覚がなくなるくらいの寒さの中で、それでもみんなは笑顔で頑張ってくれていた。

私は車でその4駅を回って励ましながら、最後に行った近鉄西大寺駅にいた「龍二」と言うメンバーにひどく心打たれた。

龍二は小学校5年生。
5年生にしては少し小さいこの子、味方によっては3・4年に見えない事もない。
今村組を知っている人でもこの龍二を特定できる人はほとんどいないだろう。
今でこそ少なくなったとはいえ今村組は個性派集団だ。
その中でこの龍二という子はそんなに目立つ子ではない。

学校で色んな事があったこの子。。。
ただ間違いなく「今村組」を生きる場所にして、練習を休まず、ほとんどのイベントに出席している。
そんな龍二を翔吾もRYUTAもよくかわいがる。

私はこの龍二に「するめちゃん」というニックネームで呼ぶ。
龍二が親父みたいに「するめがマイブーム!」などと訳の分からない事を言っていたからだ。


近鉄西大寺駅北口午後7時。。。
改札口には通勤帰りや学校帰りで家路を急ぐ人、寄り添うように歩く二人連れ。。。
龍二はそんな人の波にのまれながら「今村組ライブです。」「100年会館でやります」「来て下さい」と声をかけながらビラを配る。
ほとんどの人がそんな龍二を無視して、時に迷惑そうな顔をしてすり抜ける。

時折ビラをとってもらったらほっとしたような笑顔を見せる。

私はそんな龍二の姿に釘付けになった。
涙があふれた。

厳しい問題対応の連続の毎日。。。
裏切りと憤りの毎日。。。
汚い大人社会のどぶの中であえいでいる毎日。。。

そんな私の心に忘れていた「温かさ」を教えてくれた。
ただひたすらにビラを配る龍二を見ていて自分の中で何か忘れていたものがこみ上げてくるのが分かった。

12月25日、奈良100年会館。。。
関西京都今村組&イーサンライブ「鬼聖・新生進鬼」。

ただひたむきにビラを配る龍二を見つめながら、絶対に成功させようと思った。
[PR]
by e-than-kki | 2005-12-14 07:20 | 今村組