ブログトップ
最後の札幌遠征・・・最終日JR札幌南口でさよならLIVE敢行!!
e0048932_7273249.jpg
まず長らく記事をアップしないですみません。

(本文)
いよいよ関西京都今村組14年間の札幌遠征に幕を閉じる最後の札幌yosakoiソーラン祭りがまじかに迫っています。

思い起こせば14年前1回目の参加の前の年、屈辱と感動の「幻の遠征」からはや14年がたちます。

幻の遠征:一会場を仕切ってくれ!との組織委員会の誘いに乗り、道庁前会場に行く。単なるスタッフ扱い、「あなた達に何が出来るの」と屈辱の扱いをうける。
会場責任者と直談判後、誤解も解け、空き時間に今村組14名で北海道初演舞を行う。
その後のチームMCが「札幌yosakoiソーラン祭りは人数や衣装の勝負だと思っていた。今の今村組の踊りを見て踊りとはそんな物ではないと思った。」とのコメントにメンバー泣き崩れる。
その後、ファイナル会場ですれ違った当時の責任者、今村組を呼んだその責任者にすれ違いざま「来年ぜったいカタをつけにくる」と行ったのが札幌yosakoiソーランの始まりである。

1年目:神威・・・63名の初参加・・ブロック2位

2年目:華炎・・・伝説のセンター麻美の札幌復活、リュウタ足を折りながらの闘魂の踊り・ブロック2位

3年目:大河・・・最強と言われたメンバー・ブロック2位

4年目:OROCHI・・・直前の大量退団後の初参加と同じ人数の63名での参加、常勝「天部龍神」を0.3点差まで追い上げる・ブロック2位

5年目:鬼聖・・・初ファイナル・テレビ中継席で「グランプリが初めて津軽海峡を渡るか!」と絶叫された演舞・ファイナル8位

6年目:再希・・・この年に夕張と出会う。2年連続ファイナル(道外チーム初)。ファイナル10位

7年目:錦麒・・・150名体制での参加。ブロック2位

8年目:桜暁・・・今村組的には史上最高の演舞。負けて一番悔しかった年・ブロック3位

9年目:龍海・・・脳腫瘍の「たつみ」さんに届け!と渾身の舞を舞う。ファイナル進出。

10年目:醍陸・・東北キャラバン1600kmを経て北海道に到達。東北復興を掲げ闘う。ブロック2位

11年目:破海・・南三陸メンバー30数名を要し、参加。「勝つためにそこまでするか」の中傷に耐え闘う。
ブロック3位

12年目:春祷・・・誰もが東北を忘れさったこの年、今村組は東北復興を掲げ闘う。ブロック2位

13年目:・・・・・・・・・・・・・・・・・・


14年目:今年。
初参加の時の曲「神威」でそして初参加の年の衣装「赤・黒長半纏」での最終参加。



見えない敵、認めない敵に戦い続けたこの14年間に終止符を打つべく闘う今年。

■12日(金)夕方4時~:8年目を迎える夕張復興支援LIVE「たった1チームのyosakoiソーラン祭り」を夕張市清水沢駅前で開催する。

■15日(日※最終日)夕方6時~:JR札幌南口会場でMCアキラさんやJR南口の皆様の好意で1時間にわたる「今村組さよならLIVE」を敢行する。
yosakoiソーラン史上後にも先にもおそらくあり得ないこのライブ。
組織や審査員に認められなくても一般の人には愛される続けた今村組にこそふさわしいと思える。



見とけよ、札幌!!

[PR]
by e-than-kki | 2015-06-05 07:22 | 今村組