ブログトップ
道はすでに分かれていた。。。
昨日、本当に久しぶりに私を育ててくれた団体、京都生活指導研究協議会常任委員会に出席した。

懐かしい顔、顔、顔。。。。。







すでにそれぞれの進む道はずいぶん昔に分かれていたようだった。


それを知らなかったのは私だけだったのかもしれない。


20年前、私を見いだし、そして育ててくれたこの団体。


単純に私はその場所に郷愁をいだいていただけなのかもしれない。


もう彼らに会う事はないでしょう。


彼らのもとに戻る事はないでしょう。


わたしは私の道を進みます。


きっとこのブログを京生研の誰かは見てくれているでしょう。


だから伝えて下さい。



京都生活指導研究協議会代表殿

私今村は本日をもちまして、全国生活指導研究協議会並びに京都生活指導研究協議会を脱会致します。


今後、私から発せられる言動は全てわたし個人の発言であり、全国生活指導研究協議会並びに京都生活指導研究協議会の委員及び会員としてのものではないことをここに確認致します。

長い間、本当にありがとうございました。

F木さん。。。兄貴のように思っていました。厳しい環境の中、決して体をこわされないように。いつもかわいがって頂いて本当に感謝しています。

T花さん。。。。長い間本当にありがとうございました。もう会う事もないと思いますが、いつまでも京都の支柱でいてください。

A井さん。。。いつも俺の実践をきびしく且つ擁護的に支えて下さいました。感謝しています。

S田君。。。。君とは多分一番心がすれ違って来たような気がします。俺にとってはあの何年も前の大分大会の夜の事が忘れられません。その勢いをずっと保ち続けて下さい。

T尻さん、H田君。。。。夜遅くまでつきあってくれてありがとう。本当に楽しかったです。昔の一教師に戻れました。


T中さん。。。そして常任のみなさん。本当にお世話になりました。厳しい京都の情勢の中、決して無理をなさらずに前に前に進んで下さい。これからは影ながら応援しています。

                        2006年2月19日
                        相楽支部 今村克彦


このブログに対する書き込み、コメントは関係者以外かたくお断りします。。
私にしか分からない事、仲間でしか分からない事、そして思いがあります。
そして我が仲間の名誉のために付け加えておりますが、決して彼らとけんか別れしたわけでもおいだされたのでもありません。
道が違った。。。。ただその一点だけです。京都生活指導研究協議会・全国に誇るべき最高・最強の教師集団です。

[PR]
by e-than-kki | 2006-02-19 08:26 | 教育