ブログトップ
札幌へ
6月、五たび目の札幌をめざす。






昨年、わずか60人余りの人数で150人の宿敵、新琴似天舞龍神を0.何点差まで追いつめた今村組・・・・・・


今年は・・・・・・・・・・



本家参加者60数名(メンバー70数名)、紀州支部20名弱、群馬高崎支部15名あまり、札幌支部2名の合計100名近くの大部隊になるが、まだ札幌支部、高崎支部との合同練習はやっていないが、同じ温度で、同じ心で、同じテンションでのぞむのは無理かも知れないと思ってきた・・・・・・


それは支部の問題ではなく、我が本家の中にあるのかも知れない。


本家のメンバーにも今村組と札幌の因縁を知らないメンバーが数多く所属している。



今村組は札幌に踊りに行くのではない、闘いに行くのである。



過去4年間そうであったように、人がどう言おうがそれはそうなのである。



過去、幾多の涙と感動を生み出した札幌遠征・・・・・



これが今村組だ!というのを世に問い続けた札幌遠征・・・・・・



今年はいったい何が出来るのか・・・・・何回も自分に問い続ける毎日・・・・・・・


5月末、本家・全支部合同の合宿を行う。


その日、私の中に何かが見えない限り、今回の札幌遠征は見送る事になるかも知れない・・・


これが今村組だ!と言う何かが見えない限り・・・・・
[PR]
by e-than-kki | 2006-05-08 05:45 | 今村組