ブログトップ
原点・・・奈良バサラ祭へ
今年、今村組は4年ぶりに今村組の原点とも言える奈良バサラ祭りをめざす。



9年前・・・・当時19人で初めて挑んだよさこい祭り・・・・それが奈良バサラ祭りだった。

そして初のグランプリ・・・・・・・・今、その時のメンバーは一人も残っていない。

翔吾、カラ、龍太、綾でさえその翌年からの参加である。






今年、悲願だった札幌YOSAKOIソーラン祭りファイナル、そして8位入賞。


『心のエアーポケット』、『燃え尽き症候群』を心配していたが、それは意外にも苦汁をなめ、悲願を手にしたベテランメンバーではなく、新人メンバーを中心に起こってきた。


ベテランメンバーは、札幌は今村組にとっては最大の悲願である事は分かっているが、その反面、今村組はそれだけではない事も充分身体で分かっていた。


しかし、新人メンバーは札幌こそが全て!そんな風に思っていたようだった。



燃え尽き・・・・・・・・思い上がり・・・・・・・・・・傲慢・・・・・・・・・・





代表の翔吾とこの局面をどう乗り切るか・・・・・・朝まで話した。




結果、


・新人メンバーに自分たちがどれほどのものかを分からせたい

・それぞれに今の自分に位置より一歩進んだ役割を持たせたい

・自分たちの原点とは何かを肌で感じさせたい




そして選んだのが、夏の終わりの今村組原点の「奈良バサラ祭り」の参加だった。


それも今村組を二つのチームに分け、そこにこれまた寝屋川教室のメンバーを加えて
1つは龍太を中心とする「関西京都今村組龍神会」。
もう1つを峯田を中心とする「関西京都今村組峰泉会」。

峯田と龍太は踊らない。いやそれどころか翔吾も綾もカラも私さえも踊らない。

ベテランメンバーは全て最後列。

今村組の曲も衣装も使わない。


今村組ブランドを全て脱ぎ捨てての一般参加だ。

峰泉会の3トップはセンターののか、センター脇あやは、なぎ・・・・中1をはさんで小6ペア。


龍神会センターはゆきなかな?(これも小6)


ボンや香織、えりこ、のんなどが最古列でにこにこして踊っている。






昨日、この練習があり、久しぶりに練習を見に行った。


練習場はなんと橋の下の空き地だった。





そこにはなんとも言えない笑顔と笑いがあふれていた。

新しいリーダーとも言うべき、あゆみ、こずえなどの顔があった。


8月末の土日、古都、奈良、新生今村組をぜひぜひ見に来て下さい!

(ファイナルではゲストとして龍神会、峰泉会、三重紀州支部、合体の本当の関西京都今村組が札幌YOSAKOIソーラン8位の『鬼聖』を奈良初披露もありますよ!)



今村組龍神会メンバー。一番左がおふざけモードの龍太君。
e0048932_6382071.jpg


e0048932_639177.jpg


峯田率いる踊る「峰泉会(ほうせんかい)。」真ん中の金髪が不良上がりのたかひろ君?
e0048932_6404100.jpg



我が愛車ごしの今村組・・・・
e0048932_6403085.jpg


一番左がニューリーダー候補のこづえちゃん
e0048932_640545.jpg


なぜか一人自転車に乗っている代表翔吾君
e0048932_6411059.jpg

[PR]
by e-than-kki | 2006-08-08 06:41 | 今村組