ブログトップ
奈良バサラ祭り
今年、今村組は4年ぶりに原点である『奈良バサラ祭り』に出場する。



8年前、当時19人で出場したこの祭り。

今村組にとっては原点とも言うべきこの祭りに、今年は今村組を若手中心に二つのユニットに分け、今頑張っている寝屋川教室の子達も一緒に(龍太率いる「龍神会」、峯田率いる「峰泉会」)衣装も曲も今村組のものを使わずに自分たちの力で・・・・いわゆる今村組ブランドを捨てての参加をしようというものだ。


若手に今村組というブランドを捨てて自分たちの素の力で今村組の原点の祭りでどこまでやれるかと言うことを体験して欲しいと思ったからだ。


※祭り委員会の要請もあり、お礼の意味もかねて本隊での鬼聖演舞も1回行う。



今朝、ある友人からメールが来た。
そのメールの内容は・・・・


今日、○○市で夏祭りがあり、あるよさこいチームの責任者と会話する機会がありました。
正直、私はよさこいはわかりません。今村組のことも今村さんのことも
ほとんどわかりません。毎日数回チェックしている(笑)HPや出版本
メディア等の内容でしか理解していません。

その人が『なんでバサラに今村組A(龍神会)B(峰泉会)C(紀州支部)+α(本隊ゲスト)がでるんや?』
そして『三重県のチームは曲、踊り、衣装もだんだん今村組にそまってきた』と
言っていました。いろいろ結構批判的でした。バサラの件はHPに載ってますよとは
言っておきましたが...『人のことはどうでもええやん。その前に自分の事考えたら』と
思いましたが、心の中でつぶやいときました。
味方も多いけど敵も多いということでしょうか?(私のことみたいで)
純粋に踊りで人に感動を与え、自己満足すればいいと思うのですが。
ちなみに私も感動した1人です。(友人に無断で掲載しました。ごめんなさい)




色々言う人がいる、色々悪いことを言う人がいる。




昨日、寝屋川教室の子達が自主的に練習すると聞いて寝屋川市にあるある公園に行ってきた。



懸命に練習する彼らの姿を見て、何があってもこの子等をこれからも守り続けようと思った。


そして圧倒的な関西京都今村組『炎のダンス』を舞い踊る決意を固めた。

e0048932_11275972.jpg

e0048932_11283052.jpg

[PR]
by e-than-kki | 2006-08-20 11:29 | 今村組