ブログトップ
講演会
全国色んなところで色んな人を相手に講演会をやっている。



今まで本当に全国各地で講演をやってきた。

やっていない県は、沖縄くらいかな?

おおかたはお母さん相手だけど、お父さん相手だったり、先生相手だったり、保育士さん相手だったり、時には老人会のおじいちゃん、おばあちゃん相手だったりもする。

また、中学生や高校生相手の講演も最近よくやるようになった。



おとといは群馬県桐生市の某高校で3月1日の卒業を前にした高校3年生を相手に講演をした。


正直、中学生や高校生相手の講演が一番難しい。

なぜかって言うと・・・これも日本の教育のゆがみの一つなのかねえと思うけど・・・総じて反応が弱いんですよね。
「相手に失礼の無いように講演会は静かに聞きなさい!」
「後でどんな話しだったか聞いている最中にメモとりなさい」
などの事前指導が入っている場合が多くって、笑う場面でも笑いをかみ殺している様子がはっきり見えるんですよね。

また、先生方が子ども達の周りを取り囲んで、腕組みをしてまるで刑務官みたく仁王立ちになってる場合も多くって・・・・


でも、それでもなんでも講演やる限りはもっともっと子ども達の心っていうか精神を解放してやるようにしなくってはいけないなあ、といつも講演終わった後に反省しきりです。



年間70本くらいの講演で、そのほとんど90%以上が自分なりに納得出来る講演なんだけど、納得できないのは10%以下だからまあいいか!とはならないんですよね。

聞いてくれる人はそれが全てなんだから。


ライブも、今村組も同じ。


100%をこれからもめざし続けたいですね。
[PR]
by e-than-kki | 2007-02-28 08:45 | 教育