ブログトップ
よさこいってなんや!
今まで色んなよさこい系祭りやチームの掲示板で「よさこい」とはなんぞやとか「手になる子を持たないとよさこいじゃあない」とかと言う不毛の論議を何回も見てきたが、はっきり言ってばかばかしい。

じゃあ、手に鳴子を持ってばんばんのヒップホップを踊ってもそれはよさこいなのか・・・
手に鳴子を持ってフラダンスを踊ってもそれはやっぱりよさこいなのか・・・

全く馬鹿馬鹿しい。

今まで何がよさこいで何がよさこいじゃないのかの俺の疑問にすぱっと的確に答えた論評は一回もお目にかかった事がない。

要するに何がよさこいなのかどうなのか誰も分からないのだ。
加えて日本人は何でもかんでもジャンル分けをしたがる。

音楽で言ってもあれはジャズだとかあれはロックだとか、あれはクロスオーバーだとか・・・
大人がそうだから若者だってそうだ。

あれはジャズダンスだとか、あれはピッフホップだとかガールズだとかハウスだとか・・・
全くばかげている。

いいものはいい、それがジャズであろうが民謡でロックであろうがクラシックであろうが・・・

俺は演歌は嫌いだ、でも演歌に感動する人を馬鹿にはしないし、レベルが低いとも思わない。
嫌いだという事と認めないという事は全く別次元のものだ。

今村組はよさこいで金儲けをすると言われる。
なんでよさこいで金儲けをすればいけないのか。

だいたい金儲けの何が悪いのか俺には全く分からない。
世の中全て詰まるところ金儲けだ。
ただ、金儲けを至上目的にしているか、どうかが問題であって・・・
そんな奴らはホントのプロとプロ屋の違いが全くわからんのだろう。

よさこいで金儲けするなというのは一定の年齢になってよさこいが趣味として行っているマスターぺーション世代が言っていることなんだろう。
ジャズダンスのプロ、ヒップホップのプロ・・・
よさこいのプロがあってもいいんじゃないの(まあ、うちはよさこいなのかどうかわからんけど)

よさこい純血主義というかよさこい至上主義にはほんまへどが出る。世の中の多くの人が求めてるのはよさこいではない。
心の踊りだ。
そこで時間を共有し、共に明日に向かって頑張ろうとする心の踊りだ。
それをよさこいで表現しようとするものはそれでよし、ちがうもので表現しようとする者も又よし。

大切な事は踊る形やジャンルの問題ではなく、踊る人間の心の中にある。
俺は、俺たちはそれをめざす。

[PR]
by e-than-kki | 2005-09-01 16:03 | よさこい・祭り