ブログトップ
事実と真実
ゆうべのドキュメント。。。。

色々考えた。



あそこに描かれた姿は「事実」である。

あそこに出てくる「ナナ」が家出したのも事実だし、

お父さんと話し合ったのも事実だ。

ナナがお父さんに反発していたのも事実だし、妹が出来て寂しかったのも事実だ。


しかし、それはあくまで「事実」であり、「真実」ではない。


ナナが本当に苦しんだのは「妹」の事ではない。

そんな軽い事ではない。


こう書くともっと深い問題があったのか、もっとお父さんに問題があったのかというとそうではない。


ただ、あれは「事実」の切り取りにしか過ぎず、「真実」ではない。


ナナの苦しみ、お父さんの悩み。。。。。


「真実」の一部を切り取られているだけで「真実」ではない。




私を取り巻く環境にもそれによく似た現象が渦巻いている。




虚偽。。。。

誇張。。。。

讒言。。。。

甘言。。。。

信奉。。。。

流言。。。。

飛語。。。。

虚構。。。。


もちろん事実の一側面もある。


しかし、そのどれもが「真実」ではない。


全ての「真実」はその人の中にあり、そこに共に存在する中でこそ見いだせるものだと思う。


ナナはイイ子です。

お父さんはもっといい人です。


今村組にはそんな親子がいっぱいいます。


そしていつか事実の向こうにある今村組の真実をみてほしい、、、多くの人に願う事はそういうことです。

今村組や私の情報は今村組HPへ
[PR]
by e-than-kki | 2008-03-08 10:30 | 教育