ブログトップ
GATE・・・永平寺へ
何日か前のブログに映画「GATE」のことを書いた。

とにかく感動した。

激しく感動した。

生まれて51年、多くの映画を見てきたがこれほど感動したのは生まれて初めてだった。






どうしてもその映画に出演されていた長崎のお寺におられる禅僧、太田住職に会いたくなった。

長崎のそのお寺に電話をした。

太田住職は今、福井県の曹洞宗大本山永平寺のおられるという。

堪忍老師といわれる最高位であると聞いた。

会えるはずもないだろうと思い電話をした。




何日かが過ぎた。

「老師に一応伝えておく」とのことだったが連絡はなかった。

「やっぱりな・・・」と思っていたら1本の電話。

「老師が会われると言われています。来られますか?」と。。。。。


翌日私は車を飛ばしていた。

京都から福井永平寺まで220km。


お寺は好きでよく行くが永平寺のそれは京都のそれとは全く違っていた。

荘厳さというか重さというか・・・でもそれでいてなにかすっきりした凛とした空気がそこかしこをおおっている。

e0048932_95182.jpg


修行僧に案内されて永平寺の奥深くまで案内された。

あとで聞いたのだがそこは通常一般人は入れない場所だということだった。
e0048932_9514767.jpg


待つ事数分。

堪忍老師が現れた。

涙が出た。

なぜだが分からないが涙が止まらなかった。


約1時間・・・・

映画の事、世の中の事、自然の事、修行の事、人生の事・・・・

色んな事を語ってもらったが正直あんまりおぼえていない。

老師と一緒にいるその空間が、その空気そのものが私には人生そのものに思えた。

帰りに老師は「GATE」の絵本をくださった。

そこには「出会いの喜びよ」と自筆でサインを入れて下さった。

e0048932_9522518.jpg





老師はそれから永平寺の色々なところを案内して下さった。

笑顔でだまって私たちをあっちこっち案内して下さる老師のあとについて行く自分がたまらなく好きだと思えた。
e0048932_953148.jpg

最後まで見送ってくれた老師。
私は「また必ず帰ってきます」と言うと老師は「いつでも待っています。」と答えてくれた。


これから生き方に悩む事、どうしても苦しい事、そんな時がきっと来るだろう。

私はそんな時、きっとこの福井県曹洞宗大本山永平寺にくるだろう。

私を心からの笑顔で迎えてくれたあの堪忍老師に会いに・・・
e0048932_9532251.jpg

[PR]
by e-than-kki | 2008-08-02 09:56 | 生き方