ブログトップ
YOSAKOIソーラン祭り~新たなる札幌~
今村組女黒龍隊センター。

歴代今村組女メンバー最高の位置。

今村組が関西京都今村組単体から近畿今村組グループになり300人になろうともたった一人にしか与えられないポジションである。

今年そのポジションを争っての戦いが始まった。

八日市今村組みゆき(高1)
本部今村組みずほ(高2)
本部今村組前センターゆきな(中1)
大阪今村組龍神会ゆま(高3)
その他虎視眈々とそのポジションをねらっている子はまだまだいる。

初オーディション。

「女性の激しく強く、それでいてはかなく繊細な恋心を表情と指先で表現してほしい」そんなテーマに挑んだ彼女たち。


まるで「あんた・・・いっしょにいてや・・・もしいっしょにおれへんのやったらあたし生きてはいかれへんよ・・」
そんな曽根崎心中のようなストーリーが見えてくるほどの表情で踊る彼女たちに体育館が静まりかえった。


結果、センター本部ミズホ。センター脇、龍神会ユマ。
e0048932_8414450.jpg

(右ユマ、左ミズホ)

3位には龍神会イズミがつけた。

ベスト3にも入れなかった八日市ミユキは悔しさに表情がゆがんでいた。

そしてまだまだセンターをねらう子は他にもいる。

今、あるプライベートな理由で練習を休んでいる前センター、リサが帰ってくるとこの戦いはもっと大変な事になるだろう。

今村組のセンターは札幌直前でも変わる。

その時その時最高の子がセンターに来る。

そして札幌をこえるとその年はずっとそのセンターで押す、これが今村組のやり方。

さて北の大地でセンターに立っている子はいったい誰なのだろうか。




~努力がむくわれる~

2日の三重方面練習。。。


「あれ?」と思った。

本部のゆかりとみゆ。

今年新設されたもう1つの黒龍隊をめざして三重練習にもやってきたのだ。

彼女らは決して飛び抜けた踊り子ではない。

いや下手では決してない、むしろ今村組でも上位に来る子だ。

しかし、もう一歩何か「きらっ」と光るものがたりない。

だからいつも前の方で踊るが最前列ではない。

黒龍も一度も入ったことがない。


そんな二人が今回新設された「○○黒龍隊」入りを目指している。

4日、関西練習オーディション。


○○黒龍隊メインメンバーは龍太、オリエ、のん、ゆうじの地方今村組インストラクター陣と本部あずさ、あすか、龍神会りな、リーなど元男、女黒龍隊がしめた。

ここはなかなか抜けない。

2回目のオーディション。
○○黒龍隊通常メンバーオーディション。

ここで落ちるとまた昨年通りの白はっぴ隊に逆戻り。

彼女たちにとっては最後のオーディション。

踊り出した。

彼女たちの目が違う、気迫が違う、鬼気迫るものがある。

結果、彼女たち二人はみごと○○黒龍隊に合格した。

合格を聞いた二人は泣き崩れたいた。



センスと才能で前にあがってくる者。

努力で前にあがってくる者。


悲喜こもごもだが決して忘れまい。


そんな前のメンバーを必死で支え続けるのは「白はっぴ隊」と言われるバックのメンバー達だということを。


関西京都今村組。

今、ファイナル奪還を目指してスタートする。
[PR]
by e-than-kki | 2009-04-07 08:59 | 今村組