ブログトップ
カテゴリ:生き方( 90 )
「祭りを創る」ということ
愛媛県宇和島市の「ガイヤ祭り」に参加して、色んな事を考えてしまった。

70チーム以上が参加したこの祭り。

踊り祭りであるはずが・・・パレードとかは全く踊りじゃないチームもいっぱい。
仮装行列か・・・おふざけか・・・自分たちのコスチュームを見せたいだけなのかというチームもいっぱいなんです。(決して批判的な意味ではないです。あとでわかりますが・・・)

それに800m以上の商店街パレード・・・かかる曲は「ガイヤ、ガイヤ」ばっかり。どのチームもその曲で振り付けが違うだけ・・・
それなのに沿道には黒山の人だかり。

パレードゴール地点ではゴールしたチーム全員による「ガイヤ、ガイヤ」と総踊り・・・ていうか踊ってない(汗)ノッてるだけ・・・騒いでるだけ・・・のチームもいっぱい。

全く観客無視・・・・


なのに!お客さんが帰らない・・・むしろ笑顔で見ている・・・・


なんなんだ!この祭りは!!!

たぶん、他の地域では絶対に盛り上がらないこの祭り。
でも以上に盛り上がる・・・・

なんなんだ、この祭り!!?


全国の色んな祭りやイベントをプロデュースしてきたけれど、当たり前なことなのに忘れていた事にはっと気がついた。
『その地域の人、その祭りを待っている人がその祭りの『何』を待っているのかを私は忘れていた気がする。』

~祭りは、そこまでの日常のパワーが、その『祭り』という非日常空間をよりパワフルに創り上げ、その『祭り』がそのあと訪れる日常を支えていく~
この持論は決して間違ってはいないだろう。

とするならば、この宇和島のガイヤ祭りとは何だったのだろうか?

経済が冷え込む四国、その中でも過疎にある宇和島。

こんなブログを発見した。
「ガイヤ祭りに行ってきた。久しぶりに故郷に帰ってこの宇和島にもこんなに元気な若者が、それもこんなにいっぱいいるんだとわかって本当に嬉しかった。まだまだ我がふるさと宇和島もすてたもんじゃない、そう思った。」

乱暴な言い方かもしれないが観客は「宇和島ガイヤ祭り」の踊りを見ているんじゃない、元気な若者を見ている、そしてその向こうにある宇和島の未来への希望を見ているんじゃないのだろうか、そう思った。


イベントプロデュース・・・

その街が、そこにいきづく人が何を見つめ、何を見たいと思っているのか、その事をベースに考えて行かなければならない・・・

当たり前の事だが、ふと忘れてしまう大事な事を思い出させてくれた、わたしにとってはそういう意味でも最高の祭りだった・・・そう思った。

e0048932_8311425.jpg

[PR]
by e-than-kki | 2010-07-28 08:29 | 生き方
多津美さん逝く
今年の今村組札幌曲「龍tatsumi海」のモデル多津美さんが昨日午前3時前に永遠の旅にたたれました。

今年の札幌はなんとかファイナルに出場して愛知におられる多津美さんに今村組の映像を届けたい、その一心でがんばれました。

でも今考えると多津美さんのためにがんばって勝てたのではなく、多津美さんが最後の力をふりしぼって私達をファイナルに押し上げてくれたのだろうと思います。
今年の今村組は違う!毎年身近で見てくれていたスタッフのみんなもそう言っていました。
多津美さんの力だったんだろうと思います。



多津美さんの病室にはいつも「龍海」の曲が流れていたらしいです。

少しでもボリュームをしぼると顔色が悪くなったと娘さんから聞きました。

「来年は元気になって札幌に今村先生の応援に行く」と言っていたらしいです。

自分の病状を忘れていつも私の体の事を心配してくれていたらしいです。



共に!何があろうと我らは共に!

タツミさんを偲んで・・・
[PR]
by e-than-kki | 2010-06-29 08:34 | 生き方
ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために・・・2
昨晩、愛知県刈谷市で「たった一人のための120人LIVE」を行ってきた。

私を、今村組を愛し、そしてそれを糧に重い病気と闘っている一人の人のために今村組120人が手弁当で結集してくれた。

そしてそれを応援しようと集まってくれた会場いっぱいの300人の人たち。

たった一人の人のために今村組や今村組メンバー、京都音楽センターの時田、その女性が所属するチーム「零」が使った経費は合計すると50万はゆうの越えるだろう。応援に駆けつけた一般の人たちの交通費まで換算すると100万近くになるかもしれない。


今はやりの事業仕分けにかかると「対費用効果」「経済有効率」からかんがえて「即廃止」の事業だろう。

なにせあの事業仕分け第1弾では全国にニート、引きこもりが26万人いて、ニート対策の職業訓練施設(正式名称は覚えていないが)が600人しか利用していないからと「廃止」を打ち出すほど馬鹿な政治家どもなのだから。

26万人いて600人しか利用していないから「廃止」。。。そのことが必要かどうかの論議なしに数だけの論議。

必要ならもっと受け入れられる方策をとるべき、必要でなければ26万人全て利用していても「廃止」。。。こんな簡単な事が何故わからないのだろう。



人の心は「経済指数」でははかれない。

昨日そこに参加した全ての人たちは同じ場所で同じ時間を共有し、

確かに「一人はみんなのために、みんなは一人のために」を体感した。

確かに一人一人は何かを感じ取った。


私の大親友の愛知の高校教師、村上先生がLIVEのあとこう言っていた。

「たしかに今村さんは『今の学校』では教えてやれないことを子ども達に教えているんやねって事を実感したLIVEやった」と。


今、対費用効果や経済効果ばかりが優先される社会の中、私のやっていることはそういう観点から見れば本当にばかげた事かもしれない。

しかしそんな世の中だからこそ、こんなばかげたことが必要なのだと思う。


昨日のLIVEの最後に歌いたかった曲の歌詞。

春。。。花が咲けばそれでいいのさ。

夏。。。星がふればそれでいいのさ。

秋。。。月が出ればそれでいいのさ。

冬。。。雪が舞えばそれでいいのさ。

人は人として生きていけるさ。

人は愛があれば生きていけるさ。
[PR]
by e-than-kki | 2010-04-24 08:49 | 生き方
とりとめもなく・・・
昨晩、岐阜今村組開校説明会に行ってきました。

今は明けて18日の深夜2時半です。

一人酒を飲んでいます。

いっつもいっつも人、人、人にかこまれた生活・・・・

深夜に一人で酒を飲んでいると色んな事を考えてしまいます。


昨日、ある人に言われました、「私、先生ほど強くないし・・・」

俺なんにも強くない・・・・むしろ弱い・・・むしろきたない・・・むしろずるい・・・

あなたはなんにもわかってないですね。

弱いから強くあろうとする・・・



ああ、どこかへ行きたいね。。

一人でゆっくり行きたいね。。。

なんも考えずになんもせずに一人でどこかへ行きたいね。。。




毎日、毎日休みもとらずに俺はなんで走り続けるんだろう。。。

どこに向かって走り続けるんだろう。。。。

なんでなんだろう、どこへ行きたいんだろう。。。。


もうすぐ朝になるね。

そうしたらまた滋賀ブロックの練習に行くんだよね。

笑顔で、明るく、楽しい俺の一日が始まるんだね。



誰か本当の俺を見つめてください。




・・・・心配ありません、酔っぱらってるからなんです・・・・
・・・・またすぐ明るくて元気な今村先生に戻りますからね・・
・・・・朝が来て明るくなったら、また戻りますからね・・・・
・・・・それまで少しの間、酔っぱらわせてくださいね・・・・
[PR]
by e-than-kki | 2010-04-18 02:40 | 生き方
心配かけてすみません。
とにかく前回のブログは最低にブルーになっていた時に、その感情だけで書いちゃって・・・

多くの人に心配をかけるはめになって本当に申し訳ないです。

いぜん、朝は4時とか5時とかに目がさめますが、夜はすぐ眠れるようになりました!

事務所にいる時はお昼寝するとか色々考えて進んでいきます。


さて今日から事務所は待望の三連休です!

たかひろは・・・・今日から実家に帰るようです。

龍太は・・・・免停中もあり、レンタルDVD三昧らしい・・・

綾は今晩から実家に帰って・・・・翔吾は・・・・滋賀県彦根出張所で・・・何をしていることやら・・・


私もこの3日間はゆっくりするつもりです。

あさってもし晴れたら久しぶりにガーデニングでもしようかと思っています。




さてこの間の全今村組の新規開校、メンバー拡大取り組みは順調に進んでおります!

この写真はおうちの都合で滋賀県八日市今村組から兵庫県加西今村組に移籍した「けいじ」&「かんた」の兄弟です!

e0048932_11191730.jpg


久しぶりに会えて、なんか二人とも成長していて・・・嬉しかった!

踊りもめっちゃうまくなっていて!
「二人和っしょい!」
e0048932_11204792.jpg


そんな二人の元いた八日市今村組の拡大説明会の会場入り口。
こんな手作り看板が!!
e0048932_1122213.jpg

こんな熱意が功を奏してなんと初日13人の入団決定!!

ますます進化を続ける今村組です!!
[PR]
by e-than-kki | 2010-03-24 11:23 | 生き方
金曜プレステージを見て・・・そして今晩「夢の見つけ方教えたる2」
昨日は金曜プレステージだった。

私は今村組南端の兵庫加西今村組の指導でリアルタイムでは見れなかった。

車での帰り道、アシスタントでついて行ってくれたミズと一緒に家に帰ってきて録画されたドキュメントを見たのは日付が今日に変わって2時間もたつ頃だった。

ミズは泣いた・・・

綾はだまった・・・・

ERIKOは電話してきて「重い・・・」と言った。

私にとって分身ともいえる3人が、3人とも同じ思いにかられていた。


「もっと何か出来たんじゃないだろうか・・・私はあの時、先生だけに任していた・・・もっと何か出来たんじゃないだろうか・・・」


ミズ高校3年生、ERIKO大学1年生、綾28歳・・・・

それぞれがそれぞれの年代をこえて認め合う3人・・・


「もっと何かが出来たんじゃないか・・・」それは私の思いと全く重なった。



今日は「夢の見つけ方教えたる2」・・・

楽しく見れたらいいのだけれど・・・色んな事を思い出して・・・きっと今晩も思うのだろう。


「もっと何かできたんじゃないだろうか」と。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

私の思いを背負ってそれぞれがそれぞれの出来ること全てをやってくれている。


→YUKIMURA:music.jpから配信してくれている。
          私のおすすめは①「ブラックシープ(はみ出し者)」若者の想いを代弁する曲②「涙唄」亡くなった翔吾のおじいちゃん、私の父親が語る戦争と青春の話を題材にして作った曲らしい。

ぜひダウンロードしてみてください→ここ          


→今村組においで!近畿各地、岐阜、福井に今村組はあります。ひとりぼっちの子、苦しい子、みんなおいで!→体験会・説明会の詳細はここ
[PR]
by e-than-kki | 2010-03-13 11:33 | 生き方
今晩金曜プレステージ 熱血教師SP第一夜『居場所をください ~愛と涙の密着1000日~』・・・でも
久しぶりのドキュメント、金曜プレステージ 熱血教師SP第一夜『居場所をください ~愛と涙の密着1000日~』

楽しみにです・・・・・・が今晩はリアルタイムでは見れません。

今村組グループの南端「兵庫加西今村組」への訪問指導です。。。。(涙)


って言うかいいんです。自分のドキュメント番組より今生きている子ども達のドキュメントがそこにありますから!!

加西今村組はまだ今村組が支部体制をとっている4,5年前から今村組を慕っくれる子ども達自身が立ち上げた組です。
そういう意味では今村組生え抜きのチームです。

今は創設当時のメンバーはほとんど残っていませんが、八日市今村組から引っ越してきた幼いK&k兄弟も参加してがんばってくれています。

みんなは今村組&私のドキュメント楽しみに見てください!
私は私の『今を生きる子ども達のドキュメント』を見に行ってきます!!

加西今村組や他の今村組の無料体験会&入団説明会!!
[PR]
by e-than-kki | 2010-03-12 08:44 | 生き方
筋を通すということ
私はかなり古臭い人間であるから「義理」と「人情」を大事に生きようと常々思っている。

「筋」を通す生き方をしようとも思っている。

それが「人」として一番大切なことだろうと考えている。

ただ、そんな生き方は今の世の中では非常に生きにくいのもまた事実である。

今回、私はある「筋」を通さない人間のある出来事を通して「筋」を通して生きることの大変さを学んだ。


「筋」を通すには強い意志が必要である。

頑固な心も必要である。

「恩義」を感じる心も必要である。

ある男の裏切りとも言えるある行動を通して、「筋」を通すことの大変さを改めて思い知った。

その男もつらかったのだろうと思いたい。

周りにいる者もつらかったように・・・・



「筋」を通して生きる・・・・

大変だが人としてあるべき姿を失わないでいたい。

私はしんどくても「筋」を通して生きる男でありたい、そう心から念じている。

そしてその男にもまた幸あれと念じるている。

2010年2月7日
[PR]
by e-than-kki | 2010-02-07 15:59 | 生き方
7年の時を経て・・・
7年の時を経て、2009年11月15日、私は再び石川県能都町にいた。

ここは7年前、私のNON STOP PARTYという教師バンドと当時の今村組が当地によんでいただいてLIVEを行った町である。

当時の今村組結成3年目。
「華炎」で札幌に向かう直前の5月だった。

町のあちこちにかかげてある手作りののぼり。

それも道ばたに永遠に続くかと思えるほどの本数。

会場の体育館に入りきれないほどの人たち。

晩ご飯が終わって現地の人と一緒に歩いて帰った時の月の美しさ。

人々のあったかさ・・・・・

全てが私にとって忘れられない思い出だった。

その直後から続いた関西京都今村組壊滅の危機とも言える大量退団。

心ない人たちからのバッシング。

何度も何度もくじけそうになりながら、それでも走り続けたこの7年間。

その7年間を経て、私は再び能都町にやってきた。



講演の控え室に次々にやってきてくる7年前の人々。

私たちを能都町によんでくれた今井先生。

「まだ町議やってるでぇ!」と笑顔で駆け込んできてくれた鍛冶谷さん。

そして会場で待ってくれていたいっぱいの笑顔・・・・



講演の演題に立って、初めて泣いた。

長い間言葉が出なかった。

これまで数えられない数の講演をやってきた。

でもそんな事は初めてだった。


7年を経てもかわらず待ってくれている人たち、笑顔。

自分の限界ギリギリで走り続けて来た7年間。

そんな中での変わらぬ笑顔と友情とあたたかさ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・



講演終了後、今井先生や鍛冶谷さん、PTA会長さんらと昼食を囲んだ。

私は何回も何回も深いため息をついた。

「帰ってきた・・・」そんな安堵感にも似た気持ちだった。





そしてそこにやってきてくれたのが「あんず」のお母さんだった。


「あんず」・・・・・・・・・・・・・・

7年前、中学生だったあんず。

生き方に迷い苦しみ、学校にもなかなか行けなかったあの子。。。

出発の見送りの時、笑顔でよってくる中学生達の輪の向こうでさみしそうにぽつんとたたずんでいたあの子。


私は彼女にこういったのだった。

「逃げてもいいよ。逃げてもいいから負けたらあかんで。」と。

そして指にはめていた指輪を彼女に渡してあげた。

(自書「夢の見つけ方教えたる」祥伝社出版)


そのあんずが京都の大学に行っているという。

私はお母さんに「偶然でも嬉しいです」と告げるとお母さんは「偶然ではないです。」ときっぱり話してくれた。

今、あんずはデザインの勉強をしているらしい。ダンサーの衣装デザイン、そしてステージの裏方の勉強も・・・・


「すべて7年前のあの時の先生と今村組との出会いからでしょう」とお母さんは付け加えた。

彼女の21年間の人生で彼女とすれ違ったのはほんの5,6分。

11.000.000分の中の5分・・・・






きのう、あんずに電話をかけた。

「誰か分かる?」

「分からない。」

「ヒント!7年前。能都町。ダンス!」

「・・・・・・・」

「京都。指輪!」

「えええええ!先生??」

その後あんずは長い間言葉を詰まらせていた。


すっかり明るく元気になったあんず。

近いうちにぜったい飲もうぜ!!そう誓い合った。





人が人であること。

人が人と出会うこと。

人が生きるということ。

そして共の生きるということ。



今年8月、再び私と関西京都今村組は石川県能都町に行く。


7年の歳月を経て、あの時の感動のお礼のLIVEを行いに行く。


あの時のメンバーはもうほとんど残っていないけれど、あの時の今村組の思いは今も、今の今村組に脈々と流れ続けている。


8月。必ず。

あの地に置き忘れてきた何かを取り戻しに、私は子ども達を能都町に連れて行く。




あやんブログにもこの日の事が書かれています。

綾のブログ
[PR]
by e-than-kki | 2009-11-18 10:09 | 生き方
テレビ出演情報・・・めざせ「会社の星」
NHKの「めざせ会社の星」に出演します!

放送時間は

教育テレビ(名古屋発 全国放送)
11月8日(日曜) 午前0:00〜午前0:39(7日土曜深夜)
(再)翌週月曜 午後11:30〜 午後11:19

総合テレビ(中部7県 先行放送)
金曜日 午後10:55〜午後11:34
BS2
翌週木曜 午前3:30~4:19(水曜深夜)


です!

ぜひ見てね!!
[PR]
by e-than-kki | 2009-11-06 09:44 | 生き方