ブログトップ
カテゴリ:よさこい・祭り( 22 )
人の心を打つ
私が総合プロデューサーを頼まれた「第17回ござれGO-SHU!」祭りが10月4日(日)に滋賀県甲賀市で開催される。
昨年まで20チームそこそこだったこの祭りなんと50チーム近くの踊りチームが全国から集ってくれる。
今は祭り開催に向けて今村組事務所もてんやわんやの状態ではあるが、何かを造りあげていく喜びにあふれている。


全国には色んな踊りチームがいる。
しかし私は個人的には傘や扇子をつかったり、大道具を使うチームはあんまり好きではない。
中でも考えられないほどの大道具を使うチームは基本的には「大嫌い」とも言える。
近畿にもそんなチームも少なくなくその代表的とも言えるチームが滋賀にも存在する。

ところがその大道具を駆使するチームの踊りが不思議と2年前くらいから「なんかいいな」と思えるように成ってきた。

たぶん全国的に見てもかなり大きな大道具や数々の道具を駆使するこのチーム。
しかし嫌みを感じない。
感じないどころか最近これだけ大道具を駆使しながら、これほど嫌みを感じないのは全国唯一のチームかも知れないと思っている。
一つの芸術の域に達しているとも言える。

正直、私は自分のこの変化をなぜだろう?と長い間疑問に思ってきた。
大道具を駆使するチームは今だに好きではない、でもこのチームだけはすごく好きなのだ。
そうなって来た自分の変化が長い間、分からなかった。
なぜ2年前くらいからなのだろう・・・それも分からなかった。

そのチームの中にあったある悲しい出来事を先日ある人から聞いた。
それも2年前くらいにあったある出来事を。

あのチームのあの馬鹿騒ぎ、あの笑顔、あの「つきぬけ感」は今を生きている者への「生きることへの賛辞」なのだろう。

私は昨日、今村組外部プロデューサーの時田さんにそのことを話した。
「やっぱ芸術ってすごい!わかるんだ!」と。


誰でも感じることではないかもしれない、でも踊りも全ての芸術もその裏に潜む「人間の思い」がないとだめなんだ。そう感じた。

このチームも第17回ござれGO-SHU!にやってくる。
踊りの、芸術の神髄を体現するこのチームを見に来てほしい。
[PR]
by e-than-kki | 2015-09-18 07:27 | よさこい・祭り
開幕、北海道yosakoiソーラン祭り
今年、今村組が札幌不参加を表明しました。
そして来年の最終参加表明も。
多くの方からメールを頂き心から感謝していますし、少々心が揺れるのも確かです。
でも今村組はもうすでに新しい試みに進んでおりますのでまたその報告を舞って頂ければと思います。


さて今年も札幌yosakoiソーラン祭りが開幕しました。
例年なら今頃、札幌のどこかで早朝練習をしている頃だと思いますが、そう考えると少し寂しい気もします。

しかしそんな札幌yosakoiソーラン祭り。
近年色んな理由があるでしょうが、北海道の魅力的なチームが次々と姿を消していっています。
そんな中で今回のVOGUE038の解散。

私どもがつきあいをしている衣装屋のある方がはからずも言っておられました。
「学生チームはほんま腹がたつ。衣装も『ああしてくれ、こうしてくれ』と注文ばかり。『そんなふうにすると3万円超えるよ』というとすんなり『いいですよ』と。もっとひどい学生チームは『金はいいですから』とまでいう。もちろんそんな学生チームばかりじゃないと思うけど、親のすねかじって金使って。。。
もっとね、歳いってもがんばっているチームや若い子がそれこそ手作りの衣装で踊っているチームが脚光をあびる祭りじゃないとあかんと思うねん」と。

近年、yosakoiの世界では学生チームがそのほとんどの上位を占めている。
「元気と感動」と言うテーマの評価ではあの学生の元気良さには誰も勝つことは出来ない。。。。

いやそうであるならば、あの歳で元気いっぱいに踊る姫路華の会や福岡のBBBCこそが上位に行くべきではないかと思うが。。。。

いずれにしてもVOGUE038の解散は残念でならない。
いつか「ともにファイナルへ」と誓い合った代表のラッシュ。
彼もまた小学校教師である。
[PR]
by e-than-kki | 2014-06-07 07:41 | よさこい・祭り
続「なべごんに問う」
いやあ、やっぱなべごんさんは大人だわ。
おやこれは嫌みなしにそう思う。

昨日の「なべごんに問う」というブログに対してんなべごんさんが書いてくれたブログを見て、正直そう思った。

なべごんさんのブログ


きのうのなべごんさんのブログを読んでいて、なんとか私とその他の踊り人をつなごう、そして今村への誤解を解こうとしてくれているのが痛いほど分かって正直嬉しかった。

「パッションのないチームはない」
なべごんさんそう書いていた。

でもさあ、なべごんさん、本当にそうかなあ。。。っていうかなべごんさんも分かってるでしょ、パッションはあってもそれを表現出来ていない、いやもっと言うとパッションを表現する必要性も感じていないチームもいっぱいあるって事。


正直、どう誤解されてもいいかなって最近思います。

先日、当初うちを応援してくれていて、最近反目し出したある東北のチームがいます。

なぜ彼は離れていったかと言うと私が東北の活動で金儲けをしているという理由らしい。

私はばかばかしくなって「東北の、南三陸のどこに『銭』が落ちてんの?」と笑って答えたら返ってきた答えが「DVDとかの売り上げらしい」と全くあきれかえる答えが返ってきた。

もう本当にあきれかえって言葉も出なかった。

南三陸に一回指導に行くのに(2人で)約10万。
これをDVD販売でペイしようとすると約200以上のDVDを販売しなければならない。
札幌に南三陸のメンバーを連れて行くのにいったいいくらの金がかかっているのか。


東北の事でテレビに出て金儲けをしているというもあるらしい。

はっきり言います。
テレビドキュメントは1円も入りません、全くのノーギャラです。



祭りは楽しく!っていう思想も正直あきあきしています。
もちろん「楽しく」を否定するものではありません。
ただ「祭り」が「祭り」として成立し、永続していく最大の要素は「楽しく」ではありません。

祭りはコンテストではない、そうです、では祭りはなんですか?
みんなが笑顔になって楽しく・・・違います。
祭りの本質はそんなところにはないのです。
だからこそ日本全国にあれほど広がっていたよさこい系祭りが次々と姿を消してるのです。
なべごんさん、違いますか?(笑)
[PR]
by e-than-kki | 2012-09-03 09:32 | よさこい・祭り
「よさこい」系祭りの限界。なべごんに問う。
今年も暑い夏が終わろうとしている。

昨日、滋賀県浅井で行われた「あっぱれ浅井祭り」の参加で今村組の夏も終わった。

今年も6月の札幌YOSAKOIソーラン祭りの参加以後、」それぞれの地方今村組は色々な「YOSAKOI」「よさこい」系の祭りの参加した。

しかしそのほとんどは結果を残すことはなかった。

負け惜しみではなく、悔しさまみれでなく「YOSAKOI」「よさこい」系の祭りについて一考察することにする。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

本来ダンスの評価、審査は「①テクニック(スキル)②ビジュアル ③パッション」の3つの大きな観点で評価されるものである。(これは多少の違いはあれ、どのダンスの評価でも同じである)

しかし現状の「YOSAKOI」「よさこい」系の祭りの評価はどのようになっているのだろうか。

私が見る限り②ビジュアル(「笑顔」と「衣装」と「構成」、「小物使い」)が評価の大部分を占めているような気がする。(私も何度も祭りの審査をするがその時の他の審査員の点数を見る限り大差なくそのような点数である。)

踊りの評価で一番大切な①テクニック(ダンススキル)③パッション(熱情・思い・感情表現)の評価がほとんどないがしろにされているのが現状である。

ましてやよさこい系の祭りの審査員のほとんどがダンスに関して「素人」が行っているからなおさらである。

それに反していわゆるニューダンス系の大会を見るとどうだろうか?

まず人数は多くて10人程度で競われる、審査員が踊り手に近いところで見る、小道具使いはほとんど意味をなさない、という状況の中で評価されるのが
①テクニック(純粋にテクニック)②ビジュアル(表情・・・※「笑顔」でなく表情である。本来踊りの表情はその曲やその曲の場面にあわせて「喜」「怒」「哀」「楽」が表現されなければならない)③パッション(伝わってくる熱情)

の3点である。
もちろんこの観点で言っても点数のつかない表現部門の審査は人によって差異は出てくるものだが・・・


よさこい系の祭り審査の現状は
①テクニック(審査員が遠くて見えない。人数が多くからテクニックはごまかせる。衣装・・・特に「そで」付き衣装で手のばらつきはごまかせる)

②ビジュアル(「笑顔」とにかく作ってでもいいから「笑顔」。他の表情はいらない。その最たるものがYOSAKOIソーラン祭りである。あとは構成。そして小物使い、大道具使い・・・傘やら扇子やら太鼓やら笛やらほんとにあきれるほと色々な物を使っている)

③パッション(ほとんど関係なし)

である。


私の尊敬する「よさこい民間評論家(笑)」のなべごんも色々な種類の踊りを評価する。

それは私のところであったり、いわゆる「高知系」のおどりだったりする。

それはとりもなおさずなべごんのよさこい系評論家としての懐の深さであると考える。

私のところを見るときなべごんは①テクニックと③パッションを見る。中でもパッションを重視する。

高知系(ひとからげには出来ないが)を見るときやはり①テクニック(今村組とは全く違う表現ではあるが)と③パッション(これも今村組とは全く違う。今村組はほとばしる熱情。なべごんの好きな高知系は「いやし」。もっと言えば今村組は「人」で高知系は「自然」の表現かもしれない)


そのなべごんでさえ、②ビジュアル(中でも小物や構成の巧みさ)にごまかされる時がある。

したがってよさこい系の祭りの審査はおしてはかるべきである。

失礼ながら昨日の浅井祭りのファイナルに残ったチームの多くは①テクニックや③パッションは感じられなかった。(もちろん全てのチームではない、念のため。)


こんな間違ったビジュアル重視の「YOSAKOI」「よさこい」系祭りの未来はどうなるのだろうか。
いやどうなろうと私には関係ないが、札幌YOSAKOIソーラン祭りで勝利しようとするならば品のいい着物のような衣装を着て、品のいい踊りをして、衣装着替え何回もして、小物を使いまくり、北海道外からは運べないような大道具を使い、作りまくった「笑顔」を浮かべ、マナーマナーと叫ぶ祭り委員会の声に答え、普段どんな事をしていようがその日は、ゴミを拾いそして偽善者のごとく声をそろえ大きな声で「ありがとうございました!」というしかないのだろう。(私は金髪、ピアスの高校生が甲子園で優勝するのを見てみたいが・・・(笑))


そろそろ今村組も「YOSAKOI」「よさこい」系の祭りからの離脱、真のエンターティメントの世界に踏み出す時が来ているのかもしれない。

きのうの浅井祭りに参加してそんなことを考えている、いやぼんやりとした思いが形になり出している。
[PR]
by e-than-kki | 2012-09-02 08:14 | よさこい・祭り
新たなる友
4月のはじめに東北宮城に行って早や半年が過ぎようとしている。
6月に今村組の子ども達を連れて東北~夕張~札幌への1700kキャラバンを敢行し、そしてその感動をきっかけに何とか継続的な活動が出来ないかと立ち上げた「日本共育プロジェクト」もようやく体裁が整い、次は12月24日の「もう君を独りぼっちにさせない!」大X'mas祭に向けて日々忙しい中にも充実した活動を続けている。

来週21日もその実行委員会のために宮城県登米市に入るが、その実行委員会の中に「シンさん」と言う漢がいる。
岩手一関花泉に本拠地を置く「花泉十六夜桜組」の旗士である。


年齢は確か私より2、3歳上の56,7歳だったと思う。
風貌はどう見ても「堅気」には見えないすごみがある漢だが、鋭い眼光の奥にある優しさを私は知っている。

初めて(厳密には初めてではないが)会った日、私はある男の不義理を詫びた。
「その男が私と『東北』をつないでくれた。その男は俺にとって『弟』のようなもの。弟の不義理は兄がわびるのは当然。筋を通さすからもう一度つきあってやってくれ」と。

シンさんは泣いた。
今どき人の事でそこまで頭を下げられる男はいないと言って泣いた。

私にとってはたいしたことではない、その事にシンさんはいたく感動してくれた。
シンさんはそんな漢である。

今どき珍しい「昭和残侠伝」のような漢である。

前回の実行委員会で彼に「先生、重いけど持って帰ってほしいねん。」と酒を2本渡された。

1本には「共育者 今村克彦」と書いてありもう1本には「侠育者 シン」と書かれてあった。

彼は恥ずかしそうに「先生は『共に育てる』、俺は『侠(おとこ)を育てる』んや」と。


彼はまた実行委員会でこうも言った。

「先生の『東北』への思いにこたえるためにもクリスマスの日には旗士100人、旗100本集める!」と。

私は「頼むわ」と答えたがシンさんの人徳と思いを持ってしても100本は無理だと思う。

YOSAKOI界では異端で亜流と思われている私のもとにそんな人数の人間が集まってきてくれるとは到底考えられない。

シンさん、もしここを見ていたなら、シンさんに呼びかける。

「100人の心ない旗士より、俺は10人でも心ある旗士が集まって来てくれるほうがよっぽど嬉しい。シンさん、漢を集めてくれ!」と。




シンさん、岩手県一関市、花泉十六夜桜組、旗士。


「旗は漢がふるもんや!」と彼もまた10月9日、東北宮城仙台のみちのくYOSAKOI祭りの私たちの所に旗士として応援に駆けつけてくれる。

その日、旗士「シンさん」は確かに我が友として関西京都今村組の若き戦士達を最後の最後まで支えきってくれるだろう。


花泉十六夜桜組演舞
[PR]
by e-than-kki | 2011-09-17 10:55 | よさこい・祭り
最高のバッカー
emoticon-0172-mooning.gif

札幌での最高にナイスな奴ら達!

2008年関西京都今村組札幌遠征を彩る最高なバックミュージシャン達です!


e0048932_1152867.jpg


左前「jackie」真ん中前「リイチ」右前「山影」後ろ左からRUAの「Emo」「Rod」「829こと矢次」
最高にファンキーでナイスな奴らです・・・・・がファンキーすぎて彼らのせいで審査員がうちをはずしたという黒い噂もemoticon-0136-giggle.gif・・・・・

写真提供・・・なべごん
[PR]
by e-than-kki | 2008-06-16 11:03 | よさこい・祭り
神剛3チーム合同練習
神剛LIVE3チーム(今村組・楽空間・三國鷙)の合同練習が朝10時からはじめて今午後9時に終わりました・・・・

ホンマ疲れたし、寒かった・・・

3チームみんなよくがんばった!

とりあえず速報でした!
[PR]
by e-than-kki | 2007-12-15 19:19 | よさこい・祭り
立花組!!
九州福岡立花組。。。

やってくれました!!

2年連続ファイナル進出!!


そして

そして!!
[PR]
by e-than-kki | 2007-11-12 07:16 | よさこい・祭り
立花組発進!
昨日、満を持して立花組が発進しました!!

全力で、全霊で!
[PR]
by e-than-kki | 2007-11-11 10:33 | よさこい・祭り
ふくこいアジア祭り
今週末11月10日(土)、11日(日)は九州福岡でふくこいアジア祭りが開催される

九州福岡立花組
[PR]
by e-than-kki | 2007-11-07 08:19 | よさこい・祭り