ブログトップ
<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
やっと完成!!東北総踊り!!
ブログ更新もままならないほどの忙しさ・・・・

札幌YOSAKOIソーランまであと2週間・・・
例年はそれだけでもチョー忙しいこの時期。

今年はその前の6月4日の京都円山音楽堂の復興祈願音楽祭・・・
それに続く東北キャラバン。
5日の高崎ライブ、6日の宮城県登米市ライブ。。。

そして近日発表出来るかと思う「大プロジェクト」もチョースピードで進行中。

そんな中、やっと出来ました!!!

東北復興祈願、東北総踊り曲『スクラム』!!

今までの総踊り曲のイメージを一新した「レゲエ」風、「湘南乃風」風の新作!!

みんなで歌えてみんなで踊れる、めちゃめちゃ明るいのに何故か泣けてくる・・・そんな新作です!!

それともう1曲。
東北復興祈願合唱曲「和詩なぎうた」。
翔吾作詞作曲でこれがまたほんまにいい!
私と今村組の歌姫ノンちゃんとのバラードバージョンもカップリング。


2曲とも6月4日の京都円山音楽堂の復興祈願音楽祭での発表です。
こうご期待!!
[PR]
by e-than-kki | 2011-05-27 09:41 | 今村組
東北復興祈願音楽祭 
6月4日スタートの東北復興祈願キャラバンの日程がほぼ固まってきました!

6月4日(土)
・京都円山音楽堂で「東北復興祈願音楽祭」を開催して、夕刻京都をスタート
・途中、岐阜県犬山市で犬山踊芸祭に立ち寄らせてもらって一路、中央道、関越道経由で高崎へ

6月5日(日)
・高崎にて「東北復興祈願音楽祭inTAKASAKI」を開催

6月6日(月)
・高崎を出発して東北宮城の登米市へ
・いくつか学校や施設をまわった後、夕刻から登米市体育館にてライブ!

6月7日(火)
・登米市や南三陸町などの学校中心に慰問ライブ

6月8日(水)
・一路青森県八戸市へ
・夕刻から八戸市内で路上ライブ

6月9日(木)
・早朝に青森市へ移動フェリーにて北海道苫小牧へ
・苫小牧から車で最終地夕張へ
・夕刻から夕張ライブ

です。
それぞれの詳細はまたアップしますが、今日はそのうちの出発地京都円山音楽堂での「東北復興祈願音楽祭」について!!


【東北復興祈願音楽祭詳細】

◆日時:2011年6月4日(土)11:00頃~16:00頃(予定)

◆場所:京都円山音楽堂(京都市東山区円山町 円山公園内)
     TEL:円山公園音楽堂事務局(075-255-9939)

◆アクセス: ①市バス祇園下車徒歩約5分 
     ②京阪祇園四条駅下車徒歩約15分
     ③駐車場なし。ただし、近接して有料の市営駐車場あり。

◆入場無料 ただ義援金や寄せ書き、千羽鶴などを持ってきて頂けるとめっちゃ嬉しいです。



◆出演団体:ジャンルをこえて東北復興を祈願する全ての団体
現在の出演予定団体は、下記の通りです。
●星輝心(兵庫県) →私の一押し!とにかくいい!勉強になる!
●風火雷霆(兵庫県) →ご存じめちゃいい男の代表「まこにい」率いるチーム
●零(兵庫県) →今村組のコピーチーム??(爆)大の仲良しさん
●パイレーツ(三重県) →子ども中心だけどすんごくいいチーム
●宇宙(兵庫県) →「白濤」を提供した淡路市のチーム
●奥熊野舞連隊(和歌山県) →古~いつきあいの仲よしさん
●響(福井県)→ここんとこ2年連続で曲を提供しています。なかなかうまい!
●飛龍(滋賀県) →つぼにはまった時の踊りはすごい!
他数団体
もちろん、全地方今村組メンバーも演舞をくり広げてくれます。

◆入場料:無料 多くの方のご来場をお待ちしております。

◆見どころ・感じどころ1,全今村組結集!!全地方今村組の踊りを一気に見れるのは今回だけですよ!
2,今年の札幌曲「醍陸」(DAI-CHI)も初披露!!
3,東北の為の新総踊り曲「スクラム」(仮称)発表会、体験会!
4,東北の為の新曲「和詩」(NAGI-UTA)も発表です!
5,これらの新商品も一挙販売!(打ち上げはチャリティー)


■出演者、団体もまだまだ募集してるよ!(出演料:無料)希望があったら今村組事務所までご一報を
→info@imamuragumi.com


みなさんのお越しを心からお待ちしています!!!! 
[PR]
by e-than-kki | 2011-05-14 08:08 | 今村組
出会いに感謝・・・
人にとって最も大切な事の一つに「出会い」がある。

私が49歳で教師を辞めて、なんとかこの歳までやってこれた原動力の一つはこの「出会い」であると思う。

最近、企業とのつきあいも多くなってきて、先日も京都の大手引っ越し会社の「五健堂」さんの活動報告会&親睦会に招かれた。

ここの社長の蓮尾さんがまたナイスな男で出会いから何ヶ月しか会ってないのにもう何回も一緒に飲ませてもらっている。

彼は借金を抱えて軽トラック一つで起業したと言う。
そんな時にお父様が亡くなった。
かれはそれでも軽トラックを走らせたという。
親戚に罵声を浴びせられながら、景色をにじませながら走ったと言う。
「待ってる人があるから。プロだから・・・」と。


私も教師時代、ある大阪のテレビの生出演が決まっている日の前日に親父が亡くなった。
お通夜の日、私はテレビ出演に向かった。
やはり親戚に罵声を浴びせられながら。

阪神高速道路を走りながら「教師でもステージに上がる限りは『プロ』だから。。。」そう思いながら涙をこらえられなかった記憶がある。

そんな蓮尾社長からのお呼びで出かけたパーティー。
「先生、こっちこっち!」と読んでくれた席は300人はおられるかと思う広いパーティー会場の中央真ん中のテーブル。
蓮尾社長はじめ銀行頭取などのお歴々の席だった。




そしてなんと!なんと!!
この人が今村組の前座で登場!!
e0048932_7192288.jpg





「まじかよ!!!・・・・・ん?・・・・」

e0048932_7202352.jpg


そっくりさん?・・・いや歌が下手・・・・

そっくりさんでもなく単なるバッタもん???

社長の友達のこれも社長???
っていうかこの赤タンクトップの人・・・・友達です・・・・
今度彼の会社に講演行きます・・・・・
「大丈夫かな、彼の会社・・・」

e0048932_7222115.jpg
e0048932_722406.jpg




そしてパーティーも最後。。。。

蓮尾社長が全ての参加者を円にして、私たち今村組を中心に呼んでくれた。

なんとこの日集めた東北義援金31万あまりを渡された。。

「私たちが本当は東北に行って力にならなあかん。私らのぶんまでがんばってきてくれ!先生頼むからな!」と。


e0048932_7373615.jpg

私達は6月4日(土)京都円山音楽堂を出発し、5日(日)高崎市、そして6日に南三陸町の隣町登米市に入る。その夜市体育館を借り切ってのライブ。
7日、8日はそこの中心に被災された学校や施設をまわる。

※うちにも来て!っていうところあればどんどん言って下さい!!まだまだ行けます!

8日の夜は青森県八戸市にてライブ。

9日にフェリーで北海道に渡り9日夕刻夕張でライブ。


みんなの思いここにを託された。




昨日、これもある財界人のパーティーで出会ったのが京都市長。
もと教育長だった彼は「こんど一回市長室に遊びに来い!」と気軽に声をかけてくれて、昨日それが実現した。

市長は「おまえホンマに東北のために10年やるんか?」と聞いてくれた。
「はい!はじめに10年とか自分にプレッシャーかけんと私弱いから途中でやめてしまうんですよ!」と答えると「おまえすごい奴やなあ。なんか力が必要なら言うて来い!」と言って下さった。

e0048932_732516.jpg

右から秘書の方、綾、龍太、そして京都市長、私、そして京都地下街「ゼスト御池」の社長(※彼もうちの広場いつでも使って!と言ってくれた。少年の心を持った社長だった)そして一番左端は分かる人には分かりますよね!(笑)


6月4日から・・・・
みんなの思いを背負って一路東北を目指します!!!
[PR]
by e-than-kki | 2011-05-12 07:35 | 日常
迷い・・・
関西京都今村組。。。

人は「炎のダンス」と言い「魂の踊り」「踊る心の伝道師」とも言う。

この形容詞があたっているかどうか分からないが、そう言われる理由は大きくは2つある。

1つは踊るための、いや踊る以前の「人」としての生き方の追求にある。それは時としてストイックさを極める。
「おまえ、それ『人』としてどうなんや!やんちゃでもええ、ヤンキーでもええ。おまえの生き方は『人』として恥ずかしくないんか!」

「前で踊る奴は後ろにいる奴の想いの全てを引き受けて踊るんや。それでできひん奴は前で踊るな!」

「死ぬ気で練習して来い!一晩くらい寝えへんでも死なへん。今まで生きて来てそれほどまでに泥にまみれたことないやろ!やってこい!」

「横で泣いとる奴をほっといて何が踊りや!ツレを思うんなら親とけんかしてでも行ってやらなあかん時もあるん違うんか!」

こんな風に人としての生き方を激しく追求される。それが今村組。


そして2つめはの人としての生き方を裏打ちする激しい練習。

それは体力的にも精神的にも限界まで自分を追い込む。
自分の限界まで自分を追い込むことによってのみ、新しい自分には出会えない、そう信じている。

「もう無理です・・・」
「もう無理?無理と思ってからが踊りの勝負や!」

そんな激しい練習を積み重ねて今村組は札幌へとたどり着く。
だから今村組の練習は苛烈を極める。
時として見学している保護者が見ていられなくて練習場を出て行くことも多々ある。



しかし今年・・・
その今村組札幌遠征特有の苛烈な練習はほとんどやっていない、と言うか皆無だ。

一昨日龍太が言った。
「先生、このまま札幌行っても意味がない。あんなん今村組の踊りやないで。先生は『先生』としてよりも『経営者』としてメンバーを辞めささんようにしてるんか?」と。

私は答えた。
「『経営者』としてどうこうなんて事は全く考えてへん。ただ、今年の今村組の練習は2,3念前と比べて『屁』みたいなもんや。10年前と比べたら、そらもう比べもんにならんくらいやわい。『人としてどうやねん!』と激しく詰め寄ることも語ることもほとんどない。それでも『逃げる子』がいっぱい出る。10年前と同じようにやってみ。いや2,3年前とおんなじようにやってみ。それこそ今頃半分くらいの人数になってるやろ。もうしんどいねん、『飛ぶ』奴を見るのも、その後の処理もな・・・」と。

龍太はまた言った。
「それで札幌勝てると思うか?」

私は答えた。
「勝てるやろ。札幌はむしろうち(今村組)のあつくるしさが消えたほうが好みなんと違うか。勝てる時は勝てるやろ。」

龍太・・・
「お父はそれでいいんか?」

私・・・
「いや、負けても今村組の踊りをする方がいいに決まってる。」

龍太・・・
「じゃあ?」

私・・・
「答えがみつからんのや・・。」

そばにいた綾が言った。
「今村先生がいる限り今村先生のやり方でやったらええと思う。それで『飛ぶ』奴が増えてもそれでいいんとちがうか?少なくても先生を慕うニューリーダー達はそれを望んでるんとちがうかな」


私は最後にこう答えた。
「確信が持てへんねん。」と。

迷いを持ちながらまた今日もこれから練習だ。
[PR]
by e-than-kki | 2011-05-08 07:55 | 今村組
忙中閑話・・・今村組の美少女達!
ゴールデンウィーク前半の練習が終わり、なんとかパレード・ステージ両方のカタチが見えてきました。

今年の踊り曲名は「醍陸」と書いて「DAIーCHI」と読みます。

文字通り京都の醍醐の「ダイ」と東北陸前の「陸」をとっています。
京都から東北へ、の想いを込めて踊ります。
その想いや願いなどまじめな話しは、またじっくり書くとして今日はGW特集・忙中閑話として「今村組の美少女達」特集です!



e0048932_11282552.jpg


ご存じセンターかすかちゃん。15歳の彼女は鈴鹿今村組に所属。
入団1年で女隊センターを獲得中(まだ最終決定ではないので「中」)町を歩いていると芸能関係からスカウトがたびたびかかるほどの美少女さんです。


e0048932_11303471.jpg


寝屋川今村組のまさき、高1!
この子は明るくて、しんがしっかりしていて、小さい子の面倒見もとってもいい子です。
こいつがいると明るくなる!
奥左、ちょっと小さいけど八日市のゆうほちゃん。まだ小学生。

e0048932_1133851.jpg


手前左、高島今村組のみずき、奥右伊賀今村組あかり、共に高3!

e0048932_11453434.jpg


鈴鹿今村組のまおちゃん。まだ中2です!

e0048932_11461961.jpg

寝屋川今村組のいずみ君!チョー天然さが売りです!
っていうかまだ18歳にしてこの色気はなんだ!!

e0048932_11473467.jpg

今村組美女ラインナップ!

e0048932_11482895.jpg

e0048932_11485355.jpg

コマーシャル出演の時の「KKI48」達!

※お断り・・・メンバーへ。この写真は悪意を持って編集したのではありません。写真があった子をのせております。したがって「なんで私ないの!」などという抗議は一切受け付けられませんのでご了承ください。いいですか?いつき、たまご、しおり、あかねなどなど・・・


■番外編
e0048932_11514342.jpg


今年も大旗担当であんまりすることがなくてお行儀よく練習を見守る翔吾君。。。
なんか背中に哀愁が・・・・

e0048932_11525191.jpg

やっぱり親子です・・・・ともに半ケツ・・・ちなみに私のこの日のパンツはピンクパンサー。
練習指導中の今村親子(父&龍太)
[PR]
by e-than-kki | 2011-05-05 11:54 | 今村組
逃げること、進むこと・・・・(札幌メンバーへ私信)
今村組、札幌練習。

10以上の地方に分かれている今村組グループ。
遠くは北陸福井、中部岐阜に広がっている中から希望するメンバーが一同に介して練習するのが今村組札幌練習である。
その関係上どうしても今村組札幌練習にはいくつかの制約がある。

1つは、集まってくる距離から考えて練習が土日祝に限定されること
2つは、出来るだけ練習回数を少なくすること(今村組の札幌練習は4月5月の2ヶ月だけだ)

そんな中140人超のメンバーで始まった札幌練習。
約1ヶ月が過ぎ、すでに10人以上のメンバーがリタイヤしている。

テレビやイメージで語ると私が怒鳴り倒して練習に次ぐ練習で・・・・っていうイメージだと思うが実際は決してそんな事はなく(今日なんか練習を切り上げてバーベキュー大会なんです)

リタイヤした子はすべて私に怒られてリタイヤしていくのではなく、自らの中にある「弱さ」や「逃げ」でリタイヤしていくと言っても決して過言ではない。

そしてこの人数は年々増えてきている。(6年前、4月の30人大量退団の後残った60数名のメンバーは今から考えられないほどの練習を耐えて一人のリタイヤも出さずに札幌に乗り込んでいる)


昨日もある二人のメンバーが「逃げ」の姿勢を見せた。
二人とももっともらしい理由をあげて「札幌不参加」を言いにきた。(表向きの理由は別にして私は「逃げ」だと考えた)


その中の1人の今年初参加の高校生メンバーは私の話を聞いて「もう一回がんばります。もう一回だけチャンスを下さい。」と言った。

私はその言葉を受けてこう言った。

「もう1回とか言うな!人間は誰でも弱い、逃げたいなあ、辞めたいなあ、って思うことは誰にでもあることや。もう1回と言わず、しんどいなあと思ったら何回でも言いにこい!逃げたいと思うことは決して悪いことではない。大事なのはそこで踏みとどまるか、逃げるかで人間の値打ちが決まるねんで。おまえは出来る!きっと出来る!1ヶ月後、一緒に札幌の町を駆け抜けよう!」と。

彼女はぼろぼろと涙を流して、それでも強く再起を誓った目をして私を見つめてくれた。



苦しい事があればすぐに逃げる、いやなことがあればすぐにやめる・・・・
今社会の中で広がっている風潮だ。
私の友人の経営者達も口々で言っていることだ。

大きくなるまで自分の壁に立ち向かい、それを乗り越えていく経験を積んでいないこと。
親が守ってやらなければならない時に守らず、守ってはいけない時に守るという間違った愛情行為を行ってきたこと。
そんな事が大きな原因にあげられるのだろうと思う。


今年、男隊隊長を務めるひろやもその弟のまさきも何回も辞めよう、逃げようとした。
男隊フロントで踊っているまさや、たつやも20歳を越えて先生にぼろくそ怒られて参加した2年前の桜暁。昨年、今年とフロントを務めるまでになった。

今、高1で寝屋川龍神会のキャプテンを務めるまさきも初参加は補欠、2年目も白はっぴ隊の一人でしかなかった。
私はその当時のまさきとしゃべった記憶がほとんどない。
そんな中で彼女は女隊にあがり、今年、札幌メンバーのキャプテン格になり先生のそばまであがってきた子である。


逃げたい、やめたいと思うことは決して悪いことではない。
人間誰でも「行きたい、でも行きたくない」「行けば楽しいのは分かっているけど行くのいややなあ」そう思うものだ。
そんな二つの思いに揺れ動きながら、それでも前に進む人間と逃げてしまう人間にわかれるものだ。



私の尊敬する詩人「むのたけじ」の詩集「たいまつ」からこの言葉をおくる。

~つかれたら休めばいい。泣きたかったら大声を上げて泣いたらいい。
休んで休みきって、大声を上げて泣ききったら、もう一度立ち上がれ。
そこから大地を踏みしめてもう一度立ち上がれ!!~


~はいずり回ってでも生きなければならない時がある。
はいずり回って生きるより立って死ななければならない時がある。~


全メンバーに告ぐ!
1ヶ月後の6月
北の大地札幌を
共に駆け抜けようではないか!
その先にきっとある新しい自分を見つけるために!!  
        
 

2011年5月4日
今村組代表 今村克彦
[PR]
by e-than-kki | 2011-05-04 09:26 | 今村組
勇気
昨日この記事が出ていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
避難呼び掛けた女性職員か 南三陸町、遺体発見 (共同通信)
津波に襲われ鉄筋の骨組みだけが残った防災対策庁舎。遠藤未希さんは2階から放送で避難を呼び掛けていた=3月26日、宮城県南三陸町
津波被害を受けた宮城県南三陸町で、津波到達の直前まで防災放送で町民に高台への避難を呼び掛け続け、自らは行方不明となっていた同町職員遠藤未希さん(24)とみられる遺体が2日までに、同町の沖合で見つかった。母親の美恵子さん(53)によると、遺体は4月23日、捜索隊が発見。昨年7月に結婚した夫(24)がプレゼントしたミサンガが左足首に巻かれ、右肩にあざがあったことなどを、夫が遺体の写真で確認した。警察が最終的な身元確認を進めている。遠藤さんは、昨年4月に危機管理課に配属。3階建ての防災対策庁舎の2階で地震発生直後から「6mの津波が来ます。避難してください」と防災放送で何度も呼び掛けた。庁舎に残った約30人の職員のうち助かったのは10人。遠藤さんは行方不明になっていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日残骸になっていたこの庁舎も見てきた。
生きておられるとは思わなかったが、やはりこの記事を見て残念で仕方なかった。


この方は若い女性だが、この方の行動に日本古来の「大和魂」を感じるのは私だけだろうか。


最近、「勇気をもらう」「勇気を届けたい」・「元気をもらった」「元気をあたえたい」などという言い回しが一般化しているが、私は非常に違和感を感じる。

本来、勇気や元気は自らの内面から出すもので「与えたり」「もらったり」するものではない。
そういう意味では今の社会の他力本願的な風潮を表している言い回しなのかもしれない。



私はこの遠藤未希さんを見て、元気や勇気はもらえない。

この遠藤未希さんを見て、私も「かくありたい」と自らの中から勇気を奮い立たせたい。
[PR]
by e-than-kki | 2011-05-03 09:13 | 生き方
新しい息吹・・・札幌練習・・・
ゴールデンウィーク前半の2日間、札幌YOSAKOIソーラン祭りの集中練習でした。

4月21日、22日と一泊だけだけど入院して・・・

退院した22日の夜は京都でのとあるパーティーに参加。。。

23日は1日だけお休み頂いて、24日は練習。

25日事務所で26日~28日は仙台。帰った伊丹空港に車の迎えが来ていて、そのまま三重県鈴鹿市へ。
夜、三重連合の保護者会飲み会。

そして29日、30日の合同練習。。。。

さすがに体きつかったけど・・・・・

メンバーのみんなのがんばりを見ているとやっぱ私もがんばれました。


今回参加メンバー130名あまり。

約半数が新人メンバーで構成された今回の関西京都今村組。

それでもやっぱり今村組は今村組です。


この前までチャラ男で問題を起こしては怒られていた高2のひろや。
もう立派な男隊リーダー。

寝屋川龍神会で現高1のまさき。
メンバーは知らないかもしれないけど長い下積みを経て今メンバーキャプテン的な位置にきた子だ。
高1とは言え私が一番の信頼を置くメンバーの一人だ。

いつも一緒につるんでいた相方の退団から立ち直りリーダー的な位置に登り着いた鈴鹿鈴燦会のクロ(リナ)。

八日市優琵会創設からのメンバー高1いつき、それを支える高2たまご(ゆか)。


そして練習スタートから女隊センターを張る今年中学を卒業したあすか。
昨年、3月入団。その年の6月の札幌YOSAKOIソーラン祭りでは白はっぴ隊センターを張り、入団1年の今年、女隊センターを張る。
まだまだ確定的ではないがぜひともこのままその位置を守り続けてほしいと願う。

白はっぴ隊センターも入団1年の寝屋川龍神会の樹里が張る。



今まで何度も危機に直面しながらそれでも10年間前に進み続けてきた。
6年前のこの時期メンバーは全てあわせて30人にも満たなかった時期もあった。
現在今村組グループ400人。


その全ての思いを背負い、そして東北を思い、夕張を思い、

関西京都今村組は10年の時を経て、今年、若い息吹のメンバーと共に、明確に、そして確実に札幌頂点をめざす!!


e0048932_101135.jpg


男隊センターにいるのがひろや。
女隊センターがあすか、向かって左隣がまさき。

e0048932_9565921.jpg


左からまさき、真ん中黄色いスウェットがたまごことユカ。右があすか。

ある意味、今村組史上最も今村組らしいセンターと言える。
龍太に言わせるとあの伝説のセンター麻美にかぶるとか。。。
[PR]
by e-than-kki | 2011-05-01 07:30 | 今村組