ブログトップ
<   2011年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
今村組列伝6・・・チビをなめんなよ!
好評の今村組列伝・・・・

好評なのはいいが、少しこまった。

130名の参加。。。130名のドラマ。。。。

多くのメンバーが「次は私やろか??」「次オレかな・・」とわくわくどきどき待っているだろうから、どこで打ち切っていいかがすごく問題になってきた・・・って言っても130人は書けない(汗・・)

っという訳でここで宣言!


今回の今村組列伝は「その8」で打ち切ります!!
入らなかったメンバーゴメンね!
あと3人(組)です!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の列伝は今村組最年少を含む今村組ちび隊にスポットをあてたい。

ユーチューブなどを見てもらえれば分かると思うが、ラストエンディングで男隊、女隊の前に出てきて声を振り絞り、力の限り「がんばろう東北」の旗を振るチビ達がいる。

今村組チビ隊である。

ソラ(大阪寝屋川今村組龍神会所属・5歳年長組・初参加)
ゆゆ(滋賀八日市今村組優琵会所属・4年生)
ねね(滋賀八日市今村組優琵会所属・4年・初参加)
すずか(滋賀八日市今村組優琵会所属・3年)
ラム(三重伊賀今村組(会名称改正中)・4年・初参加)
れいな(三重伊賀今村組(会名称改正中)・4年・初参加)
あやか(滋賀高島今村組叡琵会所属・4年)
みき(三重鈴鹿今村組鈴燦会所属・3年・初参加)
の8人である。


いくら小中高校生中心の今村組と言っても小学校低学年の子にとっては今村組の踊りのスピードと激しさは想像を絶するものがある。
ましてソラなどは5歳・・・保育園でチーチーパッパチーパッパってやってる歳。
そんなチビちゃん達が年上のメンバーにまじって必死に練習についてきた。

演舞最後のエンディング。
ここでチビちゃん達が後ろから一番前にまわってセンター軍団をはさんで斜めに列を作る・・・
それこそまだまっすぐの列も作れない発達年齢の子にとってこれは至難の業である。
そして当然一番前に来るわけだから、声を振り絞って、それこそ必死の形相で歌を歌わなくてはいけない。


当然出来ない・・・
龍太の怒号が飛ぶ。。。
私の怒号が飛ぶ。。。。
「おまえ等、チビやと思って許されると思ってんのか!」
「出来なかったら練習してこい!」
「やり直し!!」
「やり直し!!」
「やり直し!!」

何回も繰り返される練習。
その都度それにつきあわされる他のメンバー達。
最後にはそんなメンバーからも「おまえらええかげんにせいよ!!」「ええかげんにやれよ!!」と怒号が続く。

どのチビメンバーもそうだが、特に伊賀今村組のれいなは血が出るほど必死に大きな声を出す・・・なんて事は生まれて一回もやってないようだ。

見かねて綾が私に言った。
「先生、チビやし無理やろ。。。後ろに下げたらええやん。」と。

私は
「出来る。学校で『チーチーパッパ』ってやってるのは間違いや、チビにももっともっと可能性があるんや。」と取り合わなかった。


合宿・・・

やはりチビ達は出来ていない。
列が組めない、必死に歌えない。

私はチビちゃん達に言った。
「きっと出来る!おまえ等も今村組やろ!出来へんでうしろにまわっていいんか!絶対出来る!!血を吐いても歌え!倒れても列を組め!!」



チビちゃん達は泣いた、泣いて踊った。
5歳のソラが・・
一度はくじけそうななったミキが・・
今までになかった自分をめざしてレイナが・・・
チビの中でも私はベテランやわ!と意地で踊るゆゆ・・・
初参加ながら八日市のベテランや!とねねが・・・
まっかなトマトのような顔で必死で踊るラムが・・・
おねえちゃんになったんやもんやったる!とすずかが・・・
卓球の全国大会でなかなか練習に参加出来なかった分をとりもどそうとあやかが・・・
それこそ東北に届くような大きな声で。。。
血を吐くような大きな声で。。。
死んでも歌ってやる!というような必死の形相で。
倒れても列を組んでやる!という激烈な形相で。。。





出来た!!!!
ついに!!!



私はすぐにチビを集めた。
「出来たな。出来るやん。きっと出来ると思ってた。おまえ等も立派な今村組やもんな!」
笑顔で頭をなでてやる私を子ども達は泣きじゃくりながらそれでも満面の笑顔で見つめていた。



合宿最後。
何回も何回も繰り返して体力の限界まで達して、そしてまとめの演舞。。。
終了。。。
チビを集めた。
「出来てるけど、さっき出来た『出来』よりは少し落ちるな。。どうする?」
この投げかけにチビ達はすかさず「もう1回やらせてください!」と大きな声で返してきた。
「じゃあおまえらからみんなに頼んでごらん!」
チビ達はメンバーの所を走っていき一列に並び、そして大きな声で言った。
「すみません!!もう一回つきあってください!!お願いします!!」と。


疲れ切って肩で息をしている先輩メンバー達・・・・・・
間髪を入れずに・・・
「おう、やろうや、やろうや!!全然問題ないやんな!」
「OK!OK!!私らもやりたかってん!」
「おうやるぞ!!ええなあ!!」
「おう!!!!!!」

キャプテンのマサキはそっと涙を流していた。
「どうしたんやマサキ?」
「なんか、この子等成長したなあ・・と思ったら泣けてきて・・・なんか保護者の心境・・・(笑)」



YOSAKOIソーランでグランプリを取る一番の近道はJRメンバーでジュニア大会に出場することだろう。ソラなんて間違いなく今年YOSAKOIソーラン祭りに参加した最高の5歳ダンサーだろう。
いや全国を探してもそうそういないだろう5歳ダンサーだと確信する。
しかし私はジュニア大会には出場させるつもりは全くない。
なぜなら彼らチビ達も含めて我々は「関西京都今村組」なのだから。



先日三重伊賀今村組のレクレーションのバーベキュー大会に参加した。
その時に迎えてくれたラムとれいなの笑顔が私はたまらなく嬉しかった。
早く他のチビ達にも会いたいなあ・・・その時私はそんな事を考えていた。

八日市すずか
e0048932_8525552.jpg


高島あやか
e0048932_853225.jpg


鈴鹿みき(真ん中)
e0048932_8535455.jpg


寝屋川そら
e0048932_8543020.jpg


向かって前列左からゆゆ・らむ・すずか・みき(顔半分)
e0048932_8555675.jpg


一番手前左八日市ねね
e0048932_9004.jpg


八日市ゆゆ
e0048932_924286.jpg


左から八日市すずか・伊賀れいな・鈴鹿リーダーくろちゃん
e0048932_905467.jpg


伊賀れいな
e0048932_93311.jpg


>ちびちゃん達へ
写真の多い少ないはゴメンね。文句はTomさんとshinさんに言ってね!
[PR]
by e-than-kki | 2011-06-29 10:02 | 今村組
今村組列伝5…勇気とは…今村組女戦士・・・
今回はリーダーやセンターの話しではなく新人の事を書きたい。

名前は「しほな」。
大阪寝屋川今村組龍神会に今年4月に入団した高校3年生だ。
彼女の入団とほぼ同時に始まった札幌練習。
彼女はすぐに希望して練習に参加した。

私は彼女の事はあまり知らない…と言うよりほとんど知らないと言ったほうがいいかも知れない。
ただ彼女の屈託ない笑顔の向こうに何か「影」めいたものを感じ目をかけていた。

体の大きい彼女に私は「男隊」をすすめ、彼女はがんばって取り組みだした。


しかしついて行けない・・・
それは当たり前の事だ。
男隊のリーダーは龍太、隊長はひろや(スキルテストNO1)・ユウジ(インストラクター)他にもスキルテストSクラスやA1クラスがごろごろいて、3年以上、5年以上のベテランもいっぱいいる男隊の練習についていくのは至難の業である。

私は子ども達によく言う。
「『ここまでおぼえてこい!』という宿題が出たらおぼえてこい!1分でおぼえられる子は1分でいい。1時間かかる子は1時間やってこい。10時間かかる子は10時間。『私、5時間もやったんです!』そんなことは知らん。宿題は5時間やれ!ではない。おぼえてこい!が宿題や!」と。

しほなは「逃げ」にはいった・・・後ろ向きになり出した・・・練習もやらなくなり・・・
屈託なく満面の笑顔のしほなの顔からいつしか笑顔が消えていた。

「ここで逃げよんのやったらそれも仕方ない・・・」
そう思っていた。



ある日の練習。
男隊だけでの踊り。。。
続いて男隊の中で全く踊れていないメンバーだけが再び練習場の真ん中に呼び出された。
当然、しほなもいる。

その時!!
しほなはこともあろうか、全くやる気のないふてくされた態度を見せた。

綾の怒声が練習場に鳴り響いた。
「なんじゃワレその態度は!やる気ないんやったら帰れ!龍神会も辞めてしまえ!」

綾はしほなの前に行き激しく詰め寄った。
それでもしほなのふてくされた態度は収まらず・・・綾の怒りが頂点に達ししほなを平手で殴りつけた。
「おまえもう帰れ!そんな奴はうちにはいらんのじゃ!」

そしてその後、綾はこんこんとこう語っていた。
「自分の人生、逃げて変えてええんか。ここでふんばるか、逃げるかでしほなの人生は全く変わるんやで。逃げて変える人生に成功のゴールはないと思う。ここは最後もう1回ふんばってみいや。」


それでも・・・・・

しほなは憮然と練習場を後にした。

「札幌辞めます。龍神会も辞めます・・・」と言い残し。



綾は私に「すみません。なんとか踏ん張らせたかったんですが・・・力不足です。。。」とわびた。

私は「しかたないで。全ての子が逃げずにふんばれる訳はない。ましてやその子、その子を詳しくしった上でつきあっている訳やないねんから・・気にすんな」と。



















しほなが去っても練習は進んだ。。。


みんなの心に何かひっかかるものを残しながら。。。。


しほなが去って4時間後夕方6時。
練習終了間近・・・・



ふと振り返った私の目に飛び込んできたのは「しほな」の姿だった。

「すみません・・・帰ろうとしたんですが・・・本当にこれでいいのか・・・私はこれでいいのか・・・って考えると途中の駅で降りてました・・・降りて・・・・ずっと考えて・・・・やっぱり、やっぱり戻ろう!ってそう思いました・・・・もう一回チャンスください!」


どれほど悩んでどれほど苦しんでどれほど勇気を出して戻ってきたのだろう。





次回の練習。。。
前から練習を見ていると私の目には男隊5列目にもかかわらず「しほな」の姿しか見えなかった。
飛び抜けて踊りがうまい訳ではない、いやむしろ他の男メンバーと比べるとはるかに見劣りするしほなの踊り。

しかし、そこには必死に前に進もうとする「今村組そのもの」の姿があった。



6月9日、しほなの姿は北海道夕張にあった。
夕張清水沢駅前広場を照らす夕焼けの中に今村組未来の女戦士の姿が浮かび上がっていた。
夕闇がせまる景色の中で、その姿はそれでもくっきりと浮かび上がっていた。


e0048932_1623796.jpg


e0048932_16233129.jpg

[PR]
by e-than-kki | 2011-06-28 09:17
今村組列伝4・・・若手を支えるいぶし銀の二人
2011年今村組札幌遠征は原点回帰と共に新生今村組のスタートだったと言うことも出来る。


新センターあすか、新キャプテンまさき・ひろや、そして若いリーダー達・・・

そんな中で「いぶし銀」の輝きを見せてくれたのがこの二人だった。


e0048932_7575690.jpg

あず20歳
e0048932_7581586.jpg

のん21歳

いぶし銀というにはまだまだ若い二人だが中高校生を中心とした今村組の中にあって二人はベテラン中のベテラン、この若い世代の一つ前のリーダー陣達だ。

あずは今年から就職して練習も2回くらいしか来れていない。
でもそのダンスパフォーマンス力やスキルの高さはチーム随一と言えるだろう。

またノンは大学4年生で来年就職。
自分のこれからの生き方に前向きにすいぶん悩んでいるが、今は伊賀今村組と木津今村組の責任インストトラクターとして頑張ってくれている。

共に一度もセンターを張った事はないが彼女らがセンター脇を締めてくれることで、経験の浅いあすかやマサキの力が存分に発揮出来るのだ。


e0048932_8611100.jpg

といってもまだまだ若い二人!こんなお調子ぶりも発揮!


しかしこの二人の歴史はこの写真とは裏腹に苦悩の歴史だった。

相次ぐ親友とも呼べるリーダー達の離脱。。。
時には大泣きに泣き、時には激しく落ち込んだ時もある。
自らも辞めると言い出した事も一回や二回ではない。
それでも彼女等はここにいてくれる。
その原動力はいったいどこから出てくるのだろうか。


札幌打ち上げの夜、AZUは酔っぱらって新キャプテンのマサキに「おまえ!先生に近づくな!腹たつんじゃあ!近すぎやぁ~!!」と泣き笑いしながら叫んでいた。
その光景をノンがまた大笑いしながら眺めていた。
しかしノンもまた同じ心境なのだろうと、そんな風に私は思っていた。


歴史が動いていく中で・・・
その歴史の流れを体で受け止めながら・・・
苦しみ・・・
苦悩し・・・
葛藤しながら・・・
それでも若手を支え・・・
笑顔で前に進んで行く。



この二人に私は今、最高の讃辞を送りたい。

おまえ達が『今村組』なんだ!と・・・


e0048932_8185276.jpg

e0048932_9455177.jpg

[PR]
by e-than-kki | 2011-06-27 08:19 | 今村組
今村組列伝3・・・愛を知らなかったキャプテン
昨日のマサキに続き、もう一人のキャプテンのひろや。

彼もまた長く今村組に席を置く。

小学校6年で入団して早5年、高校2年生になったひろや。

木津今村組がまだ本部今村組で直接私の指導を受けていた頃の入団だった。

中学校時代の彼はその容姿と共に浮ついた行動(ひろやゴメン)で本当に色々問題を起こしてくれて私はいつも「ひろや~!!(怒)」「このちゃら男が!!」と怒られていた。

しかし同時に私はなぜかそんなひろやが可愛くて事務所ではよく彼の話をしていた。
「あいつはなんでやる気にならんねんやろ?」
「出来るはずやのに・・・」
「あいつ踊りうまなってきたなあ・・・」
そんな話をよくしていた。

しかしひろやはいっこうにダンサーとしてもリーダーとしても成長してこずに今年の札幌遠征前には「組を辞める」とまで言いに来た。

その時彼と話す中ではじめてわかった事・・・
「俺(ひろや)は先生に愛されていない・・・」と。
私は驚くと同時に教育の難しさを痛感した。

札幌に行かないという彼を強引に説得し、ヒロヤの母親にも「今年こそ札幌に行かすべきです。今年の札幌こそが彼にとって意味があるんです。」とお願いし札幌遠征が決定した。


もともとリーダーとしての資質を兼ね備えていたヒロヤ。
私に愛されていない・・・その事だけで自分を表現できなかったヒロヤ。
私は札幌練習を通してもっともっと彼に分かるように彼を愛し続けた。

彼は水を与えられた苗木のようにぐんぐんと成長し札幌遠征直前には誰も文句を言わないリーダー、そしてキャプテンへと変貌を遂げていった。



彼の成長を如実にあらわしているエピソードがある。


今年の夕張ライブ。

そのライブ中に東北遠征組が到着するというドラマチックな登場だった。
1週間の東北キャラバンを経てキャラバン隊の面々は明らかに変貌していた、成長していた、それは東北に行っていないメンバーからするとうらやましくもありねたましくもあるほどの変貌だった。

多くの子が「なんか1週間前とあいつら全然違う・・・すごい・・・変わった(成長した)」と心で思う中でヒロヤはその思いを行動に表した唯一の男だった。

翌日の夕張での最終練習。
ヒロヤが吠える!
メンバーに渇を入れる!
走り回る!
叱咤激励をする!

東北に行けなかったハンディを少しでも埋めようと必死になって走り回る彼を見たとき
「こいつは成長するな!もうこいつは大丈夫や!」
そう思った。


彼は私の愛を知らずに育った。
今、彼は私の愛に確信を持って前に進んでいる。


過去の関西京都今村組の栄光と挫折を知っている数少ないメンバーとして
今、彼は関西京都今村組の新たな栄光と歴史を創って行く戦死として漢としてこれからも走り続ける!!

e0048932_9461259.jpg
e0048932_9463478.jpg

マサキとキャプテン二人・・・
e0048932_94758.jpg

大通審査パレード直後。ヒロヤが親友と呼ぶ鈴鹿今村組のノリと共に・・ヒロヤの目に熱い物が・・・
e0048932_9474295.jpg

龍太と共にチームを鼓舞するヒロヤ。この日龍太とヒロヤだけがみんなと違う衣装を身にまとっていた。
e0048932_9492216.jpg

龍太の弟分として、共に行け!
e0048932_9595327.jpg


















新ちゃら男軍団
左からジェット(高1)さんちゃんJr(高1)かずと(高2)・・・
e0048932_1011575.jpg

[PR]
by e-than-kki | 2011-06-26 10:05 | 今村組
今村組列伝2・・・炎のキャプテン
今年の札幌は初めて、ちゃんとしたリーダー集団とキャプテンを設定した。

今までは本部(現木津今村組)のリーダーが札幌のリーダーをかねてやっていくのが、慣例だったが、今は元本部だった木津今村組も含めて10の地方今村組の連合体が関西京都今村組であり、札幌遠征隊だからである。


そんな中、私が今年の130人の札幌遠征隊を束ねるキャプテンに指名したのが寝屋川今村組龍神会のキャプテンのマサキ(15歳・高1)のマサキと次回紹介したいと思っているヒロヤ(16歳・高2)だった。


マサキ。
e0048932_88268.jpg


まだ木津今村組が本部と呼ばれて地方は寝屋川が初めてのだった。
そんな寝屋川今村組の創生期に小学生で大阪寝屋川今村組に入団。
2006年の日本テレビニュースゼロの平原綾香さんとのコラボでジュピターにも参加していたらしいが、私にはほとんど記憶にない。
なぜならば、その頃の寝屋川今村組は強烈な個性を持ったリーダー陣がチームをまとめていたし、またリーダー陣のもめごとも多く私の多くの時間はそこにそそがれ、意識もそこにそそがれていた。

マサキが中学生になった頃、インストラクターの龍太に「この子の踊り、いいのとちがうか。一回センター(龍神会の)に持っていけよ!」と指示し、次回の練習を見に行くと全くだめだったりと調子を持続できない踊り子だった。


そんなマサキがリーダーとして成長してきたのはマサキの努力と言うより必要に迫られてのことだということが出来るかもしれない。
寝屋川龍神会のリーダー達の相次ぐ離脱の中でマサキが集団を、下の子をひっぱっていくしかない状況になっていったからだ。
リーダーがいなくなった集団を率いる苦悩をいやというほど体験してきたマサキ、その時の経験がマサキをリーダーとして大きく成長させていった。

e0048932_89888.jpg

(向かって右がマサキ)

マサキはまだ高1である。
高1でありながらある意味大人以上の所作がある、気づきがある。
そしてマサキと話すとき、なにか相談をかけるときそこには不思議な安心感がある。
そして人のことを思いやって『怒れる』子である。
マサキはそんな子である。

e0048932_8101192.jpg


昨年から今年にかけて全今村組からリーダーとしてダンサーとして認められつつあったマサキ。
(全今村組メンバーが参加するスキルテストでも常に上位を占め、近々のテストではNO1の座を獲得していた)
札幌遠征隊でも次のセンターはマサキだろうと誰もが思っていた。


そんなマサキを私はセンターには指名せず、センター脇に置き、札幌キャプテンに指名した。

昨晩、私の家で札幌リーダー達を集めて打ち上げをした。
その時マサキは私にこんな事を話してくれた。
「最初、先生がセンターあすかを指名したとき、『なんでやねん、こんな1年くらいのポッと出の奴が何でセンターやねん』って思った。でも同時に『あすかには勝てへん』とも思っていた。いつの頃からかな・・・あすかを支えようって思ったんは・・今はもしあすかのセンターごちゃごちゃ言う奴がおったら、『じゃあおまえやってみろや!』って言うたる。なんかアスカは守ったらんと・・・」

同い年のあすかを妹のように愛し、笑顔でそう話すマサキに私は「この子をキャプテンにしてよかった。これからの全今村組はこの子を中心に若いリーダー達が守っていくだろう」そう思った。


そしてマサキにはもう一つの挑戦が待っている。

私のマネージャー見習い!
まだ高1の彼女にマネージャー見習いは??とお思いだろうが、マネージャーとしての仕事より私に随行していく中でもっともっと広い世界や人脈とふれあわせたいと考えている。

昨夜の打ち上げで現マネージャーの綾に「やっぱり綾ねえの事意識するし!」と言い、「あほ!おまえが意識するから私も意識するんや!」と笑い合っていた二人。
綾ねえにとって念願の妹分が誕生するのもそんなに遠いことではないように思った。

e0048932_8105172.jpg

e0048932_8151095.jpg

向かって一番左がマサキ・真ん中がマサキの親友イツキ。そして右端が綾ねえ
[PR]
by e-than-kki | 2011-06-26 08:16 | 今村組
今村組列伝1・・・・「伝説のセンター」
今村組の歴史の中で「伝説のセンター」と呼ばれた者が一人だけいる。

関西京都今村組創生期にセンターを張った「あさみ」である。

彼女が札幌でセンターを張ったのは1年だけだという事実は、彼女を知っている者にとってはおどろきであるだろう。それほど彼女の印象が強い証拠だと思う。

彼女の踊りのキレ、表現力、持続力、見る人を刺すような強い視線、かもし出すオーラ。

今村組創生期にあって、今村組大躍進の原動力となりながら彗星のように走り去っていった彼女。
「伝説のセンター」と言われるゆえんである。

彼女が今村組を去った後、幾人かのセンターが生まれたが、やはりそれは彼女を越えるものではなかった。




彼女が今村組を去って7年。。。

今年、ついに彼女を越える可能性を秘めた逸材がセンターを務めた。

その名はあすか(15歳)である。

e0048932_8363290.jpg


彼女は昨年2010年4月に今村組に入団した。

2010年3月に滋賀県で開催された今村組入団説明会に彼女は母親に連れられてやってきた。

その頃彼女は、色々な苦しみや悩みを背負い丸2年間中学校に行かず、家に寄りつこうとしていなかった。

入団説明会で入団希望者が楽しそうに「体験ダンス」をしている中で彼女は一人、暗いステージの隅のピアノの影に隠れて、ひざっこぞうを抱えてうつむいて座っていた。

そんな彼女に私はこう言った。
「先生、初めてアスカに会うし、何言うとんねんって思ったらごめんな。ここがアスカの居場所やない!って思うんやったら今日一日で来なくていいよ。お母さんには先生からうまく言っておくから。。。でも私ここでがんばりたいって思うんやったら先生は何があってもおまえを守っていく。どんな事があってもな。どうする?決めるのはアスカやで。」と。


アスカはじっと考えこんだ後、その顔を上げて正面からじっと私を見つめて絞り出すようにこう言った。



ちから・・・かして・・・



その年の札幌・・・彼女は白はっぴ隊センターを張った。
しかし、彼女に染みついた行動の乱れ、緩慢さ、態度の悪さはなかなか彼女から抜けていくことはなく、昨年の札幌中もホテルで今村組のあねご綾ねえから往復びんたを食らわされ「おまえすぐ帰れ!」とどなられたほどだった。


それから1年。。。名古屋から鈴鹿今村組に通い続けた彼女。。。
何回も辞めるんではないかと思ったが、なんとか乗り切った1年。。

今年の札幌も行かないと言っていたが鈴鹿担当の龍太の説得でようやく札幌行きを決意した。


正直に言うと私はアスカ札幌参加と同時にセンター関西京都今村組八代目センターはあすかに決めていた。いや決めていたというより「かけていた」というほうが正しいかもしれない。
(ここらへんの微妙な感じノリさん、なべごんちゃんわかってくれるやろ。コメントください!(お助け))

そして彼女がセンターを張れるなら予定されていたキャラバンにも連れて行くことを決めていた。
当然、センターを張るなら東北を見ておくべきだと考えたし、このアスカの成長が一種閉塞状態に陥りかけている今村組の新しい何かを見つけられると考えたからだ。




1週間の東北キャラバン。。。。

彼女はどんどん変わって行った。。
と言うよりも失った自分を取り戻していったと言ったほうがいいかもしれない。

「私は人前では泣きません。」と言っていた東北でどれほどの涙を流したことか・・・

東北最後の日、彼女はこう言っていた。

「私は他のキャラバンメンバーと違ってリーダーでも何でもない。だから私来ていいのかな?て思ってたし、それ以上にリーダーとかじゃまくさいことをする気もなかった。でも今の私だったらこの後札幌行ってなんか訳分からんことやってるメンバーがいたら『怒れる』かもしれない。。。そう思う。」

人との距離を離すことでなんとか自分を保ってきた彼女が、もう一度人を信じ距離を詰めても良いかもしれない・・・・『怒る』という表現だが、彼女はそう言いたかったのだろう。


今年の札幌は残念ながらセミファイナルだった。

でも今年つかんだものは大きかった。


今村組創生期にあった今村組最高のスローガン「正義の不良」


来年は忘れていた今村組の合い言葉「正義の不良」どもと共に札幌頂点をめざす。
見えない敵との戦い、自分を認めようとしない大人達との闘い。
札幌で誇りある「正義の不良」を私に思い出させてくれたのはあすかだった。


あすかが真に二代目伝説のセンターになりえるかどうかは今後のあすか次第だろう。


しかし初代伝説のセンターを汚い社会から守りきってやれなかった痛恨の思いをかけて、今私はあすかを守り抜いて行こうと思っている。


最後にあすかが私の誕生日にくれたメールを紹介したい。

HappyBirthday

先生はスーパー54歳ですね

でも酒や煙草ひかえめにね
先生が死んじゃったら
今村組やめるから!!(笑)

私は今村組はいって
いろんなことを教わりました
人間として成長しやした(笑)
子供ができたら一番に
先生に見せたいですemoticon-0117-talking.gif
(親より先に)ゎら

そして子供には
どんな悪いことをしても
いいけど人の痛みがわからない
人間にはなってほしくないです
なんか話ずれちゃいましたけど

とりあえずこんな私の心配を
してくれてありがとうございます
これからも色々迷惑かけるかも
しれないけど迷惑と
思わないでね(笑)

これからもセンターは
誰にもゆずらねえぜ
みんなかかってこいやって
かんじっす(笑)
とかいってすぐとられたりして
(笑)

もっともっとうまくなって
誰にも文句いわれんように
がんばるから先生見ててね!!
(歌も)ゎら

先生大好きよemoticon-0152-heart.gif

伝説のセンター二代目
あすかより(笑)


e0048932_9141619.jpg


e0048932_9144289.jpg


e0048932_9151090.jpg


e0048932_9154493.jpg

共に・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今村組列伝ぞくぞくと続きます。

次回は炎のキャプテンまさき編です。
[PR]
by e-than-kki | 2011-06-25 08:47 | 今村組
54回目の誕生日!
今日はわたしの54回目の誕生日です!

歳とると誕生日はあんまり嬉しくない・・・とか言いますが私はなんかめっちゃ嬉しいです!

人間の作った暦ではありますが54年前の今日に私が生まれ、そこには分かった母親がいて、今は亡き親父が喜びの顔を見せていた・・・・そんな事を考えてしまいます。


今、私は東北復興のためのあるプロジェクトを進めています。
東北復興・・・というよりも今回の東北の大災害を通して全国の子ども達が何を学んでいくかというプロジェクトです。
幸い、すでに何人もの起業家や行政、政治に携わる方々のご支援、ご協力のお声を頂いています。

もし、私が学校に留まっていたならば、そろそろ校長をしていた頃です。
60歳の定年までに・・・このプロジェクトを確固たる物にしたいと今は走り続けるつもりです。


今村組メンバーや多くの知人のみんなへ

お誕生日メール本当にありがとう。
ホントやったら全員にメール返さなあかんねんけど、なんせ・・・・あまりの件数で・・・・

ちなみに22日の夜にも「23日に変わったらいっぱいくるやろうからうもれてしまうので・・・」とメールをいっぱい頂いた・・・

もっとちなみに23日00:00のメールをゲットしてくれたのは、寝屋川龍神会の谷口舞ちゃんでござった!!
23日00:01のタッチの差は同じ龍神会の樹里とわかでしたっ!!


いっぱいのメールの中で特に心に残ったメールを何点か・・・


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

先生

お誕生日おめでとうemoticon-0148-yes.gif

穏やかな顔つきの先生の方が好きよemoticon-0152-heart.gif

最近そんな顔のほうがよく見るかなー(笑)

お誕生日のお祝いでお酒飲み過ぎないでねemoticon-0100-smile.gif


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


あほのAZUちゃんからです・・・(爆逃げ)


おっはーっ
おたおめーっ
(お誕生日おめでとう)


よっ!!
今村克彦!!
54歳っ!!
まだまだ走り続けてる先生は
すごいカッコイーです
とまったら終わりですよー
でも無理のないように走り続けようね(笑)
たまにわ休憩も必要ですよ

なんだか先生が休んでるイメージ全くないけど
もぉ休憩もいっぱいしやな年やし体が悲鳴を
あげてるせよーっ

ってもぉ悲鳴あげまくってるか(笑)


まあこれからは体を第一に優先しよーっ!
飲み過ぎ注意ねっ(笑)


先生大好きっemoticon-0152-heart.gif

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
HAPPY BIRTHDAY
お誕生日おめでとうございます!!
札幌、お疲れ様でした。
先生、体には寄与つけてください☆!!


勝ったときには「何もしていない」胸をはり
負けときには「自分のせいだ」と思える人。
すうは、こんな人になりたいです!!。

→これ、先生のことかな・・・だと嬉しいけど・・・


また、八日市見に来てください〓!
おまちしてます!!

すげえな!中1の八日市すぅでした!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
次は分かる人にしかわからない神奈川のかすみです。
何年か前のテレビドキュメントの冒頭で「われ!なに笑とんのじゃぁ~!」と先生にほっぺたをたたかれた子です。。。。今高校2年かな・・・近いうちに必ず会いに行くから!!


先生、誕生日おめでとうございます〓〓

かすみは今でも先生がだーいすきです☆

かすみの大好きな先生が今年1年、健康で幸せでいれますように〓

良い1年にしてください(^-^)〓
時間が合ったら、先生に会いたいです

体にだけは気を付けて下さい〓〓
たまには連絡下さい

あ、添付してある写メ、真ん中が最近のかすみです〓(笑)

良い誕生日にしてくださいっ


e0048932_975547.jpg


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
津今村組の茜です〓

お誕生日おめでとうございます\(^o^)/
キャラバンにつれていってくれて
ありがとうございます〓!!
先生がおらんかったら
今村組にも入っていなかったし
こんな経験することは
絶対できなかったと思います(^-^)
ほんまにありがとうございました〓
長い運転ほんまにお疲れ様でした〓!

ずっと元気でいてください〓〓
ずっと皆の先生でいてくださいo(^▽^)o

先生についていきますから!!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お誕生日おめでとう
ございます

今村組はじめて入って
先生と初めて会ったのが
札幌の振り落としの日で
先生とちょっとだけ
やけど話出来て
自分が頑張るもん
見つけれた気がします

でも札幌の練習が
本格的になってきたら
やっぱりしんどくて
逃げようとしたけど
その時も先生や綾ねえが
話聞いてくれて
踏ん張れたし.札幌の
舞台にも立てました

今は札幌楽しかった
また行きたいな
って思ってます

札幌でも白隊の中の1人
やったし.寝屋川の中でも
まだまだ踊りも下手で
出来ることも少ないけど
コツコツ諦めずに
スキルあげて.いつか
選抜に入れるように
頑張ります

先生にはまだまだ
教えてほしいこととか
いっぱいあるし
いっぱい話したいし
先生からみたら
メンバーわすごい
人数がいるけど
私にわ先生わ先生だけ
なんです

だからこれからも
元気に体に気をつけて
頑張って下さい


長くなったけど
本当にお誕生日
おめでとうございます

寝屋川 長谷川彩香
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
(最後に彦根事務所に出張宿泊中の息子、翔吾より)

〓HAPPYBIRTHDAY〓
若いおとうで居続けて下さい。
身体無理ないように〓

織田信長も1万石から24万石(実高50万石)にした織田信秀という父を持ち、
織田信忠も戦い散った父に憧れる織田秀信という子を持った。
どことも、どこを切り取ろうとも大差ないのかもね(笑)

(やっぱり歴史に例えて来た・・・ちなみに私は今、この織田信忠を主人公にした本を読み終えたところです。。。めっちゃ感動しました)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


今村克彦54歳!!

まだまだがんばります!!

よろしくっ!!
[PR]
by e-than-kki | 2011-06-23 09:13 | 日常
出演予定
◆今晩のニュースゼロですよ!みんな見てね!

◆「爆笑問題の大変よくできました!」に出演します。
調べたらけっこう全国で放送されるみたいです。
基本は6月24日(金)の午後7時からです。
放送局は以下です。
よければ見て下さいね!



放送局
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 金曜 19:00 - 20:54 制作局
北海道 テレビ北海道 同時ネット
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
岐阜県 岐阜放送 独立UHF局
滋賀県 びわ湖放送
奈良県 奈良テレビ
和歌山県 テレビ和歌山 月曜 17日遅れ
宮城県 東北放送 TBS系列 土曜 22日遅れ
福島県 テレビユー福島 日曜 30日遅れ
石川県 北陸放送 火曜 18日遅れ
熊本県 熊本放送 土曜 15日遅れ
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列 土曜 29日遅れ
鹿児島県 鹿児島讀賣テレビ 水曜
[PR]
by e-than-kki | 2011-06-21 07:34 | その他
ニュースゼロ放映日決定!
先日の東北キャラバンの様子がニュースゼロでドキュメント放送されます。

明日6月21日(火)です。
日本テレビ系列全国放送ですのでみんな見て下さいね!
(ただし、緊急ニュースなどがあれば予告無く変更されますのでご注意下さい!)
[PR]
by e-than-kki | 2011-06-20 07:43 | 今村組
6月4日に京都を出て・・・
6月4日(土)に京都を出て今日久しぶりに京都にいる。

4日から13日まで東北~北海道

15日から17日まで九州

そして昨日は東京。。。

めまぐるしい半月間だった。


色んなところで色んな出会い、それは新しくもあり旧知の出会い直しもあり。。。



東北。。。。。

本当に行ってみなければ分からないことがたくさんあった。
こういう経験論的な言い方は好きではないが、やっぱり行ってみなければ何も分からないし、何も始まらない。


北海道、札幌。。。。

今年は念願のファイナルを逃しセミファイナル。。。

そこで再確認した「正義の不良」という価値観。

来年の曲は「正偽」にしようかなと思う。

正しさを疑う・・・
偽の正しさ・・・
正(まさ)に人の為(偽)に・・・

おもしろいと思う、今村組10年目にして正義の不良でてっぺんをめざす!というスタート時の思いを再確認した遠征だった。


九州、大分、三重町。。。。

15年前に講演をした時、そこに住む仲間達が必死で人を集めてくれたが集まってくれたには確か20人ばかり。。

その日、300人のホールは満杯になり、エントランスまであふれた人たちはそこで私の講演を聴いてくれたらしい。
旧知の仲間は感慨深そうに「あの時どれだけがんばっても人は集まってくれなかった。今日、満杯のホールを見て、自分たちのやってきたことは間違ってなかったと確信した」と嬉しいそうに語ってくれた。


その夜、旧知の仲間との出会い。。。私がなぜある団体を辞めたのか・・・それが正確には伝わってなかったようだった。
大いに飲み、大いに語ったあの日。

「今村さん、何にも変わってないね!」
俺にとってはごくごく当たり前だけどとっても嬉しい言葉だった。


昨日、東京。。。
東京タワー下の芝公園スタジオ。
久しぶりにあった爆笑問題の太田さんは親しげに話してくれた。
あの人のくそ熱さと聡明さにはいつも感じさせられる。


そして今日、つかの間の休日。
なにをするのではないけれど、何も考えずに朝早くから梅雨空を眺めている。
久しぶりに本などゆっくり読んでいる。
新井政美さん著の「織田信忠・・・父は信長」を読んでいる。

ひょっとして我が息子、翔吾も龍太も同じような苦しみを抱えているのだろうかなどと考えている。


来週は
月曜日、大阪である団体への東北プレゼン、打ち合わせ
火曜日、淡路市長訪問、大阪でテレビ制作会社と打ち合わせ
一日とんで
木曜日、京都市長訪問と韓国のある有名な踊りの先生と打ち合わせ(ちょっとおもしろいことになりそうです)

金曜日も日曜日も予定が・・・

たしかどっかの講演もあったそうな・・・


でも前に進む!って楽しいです。

って言うか来週の木曜日23日は俺の誕生日だ!

今村克彦54歳!!

まだまだ男っぷりを上げながら快進撃を続けます!!!!
[PR]
by e-than-kki | 2011-06-19 09:47 | 生き方